NO IMAGE

久々に来るお客さんについて

プライベートレッスンを始めて約3年半。

振り返ると、毎日が不安で、常連さんに応援していただきながら毎月なんとかやって来れたという感じ。

1年以内に潰れてしまうデリヘルが半数を占めるとも言われている風俗で、まぁ1人だから潰れるも潰さないも自分次第なだけだけれど、それでも色んなことがあり過ぎて感慨深いモノがあるなぁと年末になるとついしみじみ振り返ってしまう。

SEXが素人の人にとっての練習って1回で完結できるわけはなく、繰り返し行うことで頭で考え過ぎずに身体が自然と動けるようになるまでがまずは人並みレベルへの目標だと思っているのだけれど、なかなか1回のレッスンで満足してしまう人も少なくない。

ダイエットするのにダイエットの本を買っただけでダイエットをした気になってしまうのと似てるのかも。

そんな中、ここ最近『半年ぶりです。』とか『1年半ぶりです。』という方がちらほら増えてきた。

1年前に1度レッスンに来た方で、『久しぶり!元気?』なんて友達かよと突っ込みたくなるような、予約と全然関係ないメールが来たのにはびっくりだけど。

久々来店ってお店を長くやっていると現れるお客さんよね。

なんかものすごく嬉しい。

1回きりのお客さんって、思っていたレッスンと違ったかな?と不安になることも多いので、完全に忘れた頃であろう久々感での予約に、覚えててくれたんだと分かるとめちゃくちゃ嬉しい。

しかも彼女ができるたびに直前に来る方もいて、新しいプライベートレッスンの面白い使い方だなって思ったり。

見た目が良いと、付き合うまでのハードルは低いのだけれど、女性の扱いが下手すぎて恋愛が3ヶ月もたずに振られてしまうパターンっていう人もいるんだよなぁと。

そう思うと、今後も5年10年ともし長くお店を続けていくと、新しいレッスンの利用方法も見出せるのかもなとまだまだ伸び代と新発見があった気がする。

風俗嬢だけれど『それ、お見合い相談所の人にも同じことを言われました』といわれることもあって、私のアドバイスがそんなにズレてないなと思うと、ちょっと安心と自信にもつながる。

緊急事態宣言で仕事が無くなった頃、昼職に復帰するべきか?と求人サイト見ていた際に結婚相談所の求人とかめっちゃ見てた。

昼間は結婚相談所のおばちゃんをやって、週末はプライベートレッスンとかも面白いかもって。

結婚願望のある人に的確に結婚へ導くお手伝いをしてあげられる、どっちにも活かせる仕事とかなんかいいかもって思ったり。

まぁ結局コロナ禍で過去の求人履歴は色々出てきたけど、現在募集という職はなく。

よくよく考えたら結婚相談所のおばちゃんがSEXレッスンまでしてあげてたらキモいわなって。

だから今後もゆるーく。

人の悩みを解決するお手伝いをする風俗店なんて決してバズるような仕事ではないし、本気で性に悩む男性が訪れるお店だからこそクチコミで広まることもない地味な店。

だから毎月の新規顧客も少ない。

でもそれがちょうどいいのかも。

1人1人の悩みに真摯に向き合うためには。

あまりに多過ぎて予約困難になってしまうと、私の頭がついていけなくなってしまう気もするから。

それでも毎月の新規の予約がもう少し安定したらメンタルも安定するんだけどなぁ・・・なんて。

忙しくても暇すぎても困るとかワガママだな。

間が空いてしまったから行きづらい、行きにくいなんて思わなくていいですし、動機が不純だっていいと思う。

なんか風俗同窓会みたいな懐かしさも楽しいじゃない?

思い出した時、悩みができた時、まんだらさん元気かな?とか、彼女と別れたからまた行こうなどなど、どんな理由だって理由がなくたっていいので、久々の来店ですって方も大歓迎。

いつでも両腕広げてお待ちしております。

↓イイネと思ったら・・・
にほんブログ村 大人の生活ブログ 風俗嬢日記(ノンアダルト)へ
↑ポチッと応援お願いします。

NO IMAGE
リアルタイムも見る?