NO IMAGE

2019年7月返済計画

R社 1,995,889円 → 63,539円
パスモ 12,000円
Tカード20,000円
家賃  85,000円
アクアクララ 1,080円
損害保険 20,520円

事務所家賃
国民健康保険
国民年金
住民税(2回目/全10回)
税理士依頼料(2回目/全7回)

固定支出計 293,028円

今月もなんとか生きながらえることができた。

保険と年金と税金が家計を圧迫している。

まぁ一番圧迫してんのはリボだけどw

それにしても賃貸マンションの2年毎の更新、早いなぁ。

今年で2回目、もうまた更新だよ。

そのための保険料2万円も来てキツイ。

でも今払える時に払っておかないと。

10月までに家賃1ヶ月分の多く用意しておかないといけないわけで。

毎月毎月やっとこさ、そう思うのは個人事業主の宿命か。

複業でいくつかリスクを分散できていたら、ここまで不安になることも減るのだろうけど。

徐々に風俗じゃないフリーのお仕事に移行していきたいのだけど、そのための準備金がまだまだ用意できない。

初期費用掛けずに誰でもお店を始められるのは風俗のいいところ。

でも風俗以外での仕事で、立ち上げようと思うとどうしても初期費用が掛かってしまう。

手に職があるわけでもないし。

じゃあつなぎで何か仕事でも探すか?と思って久々に求人サイトを覗いてみた。

転職回数が30回も超えてしまうと、大学も出ていないキャリアもないおばさんが雇ってもらえそうな仕事は、どれも想像がつきすぎてしまい、飽きっぽい私がそこを我慢して応募しても、自分の性格上1年ももたないだろうなしか見えてこない。

これ以上職歴だけ無駄に増やしても、辛うじて残っている自尊心が失われていくだけ。

仕事を選ぼうとしていることは、贅沢なのだろうか。

アラフォーになって、スキルも特になかったら、今から運良く勤め人になっても出世コースとは無縁だから収入はほぼアップしないだろうし。

国家資格とか合格率の低い難関な資格を取るしかない。

まぁ私の頭では到底無理だけど。

indeedを見てて、何か目を引く仕事はないかと思っていたら、1つちょっと興味を引くものが目に入った。

料亭の芸者さん、時給3000円というもの。

和装は大好き。

でも料亭のお運びさんではない。

社保完備かアルバイトで選べる芸者募集面白そう。

懐石料理の修行経験あるからちょこっとは知識もあるし、日本舞踊は12年ほどやっていたし、三味線と長唄も習っていたぞ。

歌舞伎とか日本の伝統文化が結構好きで、部活も茶道部所属だったし。

だからこそ目を引いたこの求人。

まぁ今すぐ私の体型では不可能だけど。

痩せたら働いてみたいな。

舞妓さんはもう無理だけど、芸妓さん中途採用もありならやってみたいな。

自力で生きる道は極力離れたくないけど、複業の1つに勤めるがあっても良い気がしてきた。

↓イイネと思ったら・・・
にほんブログ村 大人の生活ブログ 風俗嬢日記(ノンアダルト)へ
↑ポチッと応援お願いします。

NO IMAGE
リアルタイムも見る?

お金の最新記事8件