NO IMAGE

人間じゃないクズ親父

先週1週間、誰かに話を聞いて欲しくて辛くて辛くて。

ブログに吐く文字だけでは限界を感じた。

かといって誰でもいいわけじゃない。

一人じゃ生きていけない女のくせに。

つくづくめんどくさいワガママ女。

助けて欲しいとか、何か対策案をくれとか、励まして欲しいとかそういうんじゃない。

ただ黙ってそばで寄り添ってくれる人が私にもほしいだけ。

ここ最近、数人の医師と質問攻めという会話らしくない話しかしていなかったせいか、愚痴を吐き出したかった。

話し相手が欲しく、なんとなく世間話だけでもいいやと、姉にLINE。

一言二言こちらが送ったLINEにすぐ電話が掛かってきた。

『何やってんの?なんでもっと早く言わないの?』と、電話越しに泣き崩れる姉。

釣られて泣く私。

『テレビでもたくさん死んでる人がいる病気なのに』って。

お互い言葉がコップから溢れるように止まらなくなった。

言えるわけないじゃん。

言って突っ込まれて風俗嬢だとバレたら?

私はバレても何も失うものはないけれど、兄弟も姪も甥もたくさんいるから子供達にまで迷惑かけたくない。

風俗経験があるかどうかは知らないけれど、姉の旦那とか兄に、“お金でセックスする女”という目で見られたくない。

結構酷いことも言った気がする。

言ったところで何も変わらないし、一人で生きているんだから一人でどうにかしないと、と。

まんだらにだって結婚のチャンスあったのに自分で逃したんでしょうって言われてカチンと来た。

どの人のこと言ってるんですかね。

結婚詐欺男?

DV男?

唯一マシだったのは、吉原が実家のバツイチドケチマザコン男のこと?

『私は弱い人間だったから』といってまた泣き崩れる姉。

そうだよね。

姉2人は毒母が嫌で、20代のうちにさっさと旦那見つけて結婚に逃げた。

私はとことん男運がなかった。

今もだけど。

今だから言うけどって、3人目の結婚詐欺男のことを母が、『まんだらはあいつのせいで人間不信になったんだ』と言っていたらしい話までしてきた。

まぁ人間不信になったかどうかは自覚ないけど、風俗嬢になってからの方が間違いなく人間不信にはなったわな。

よくわからない人が近づいては脅迫めいたことしてきて、誰も信じれないみたいな状態がずっと続いているわけだから。

うーん、姉に打ち明けたのは正解だったのか、間違いだったのか。

口止めしておけばよかった。

秒速で家族全員に広まった。

2時間後の深夜に母から久々の長文LINE。

まぁ懲りもせずまたボロカス暴言の嵐。

言いたい放題言ってくれちゃって。

でも最後の一文にお金だけ取りに来なさい、と。

なんでここまで人格否定されまくって、罵られて、それを我慢してまでお金を受け取らないといけないのか。

心底悩んだ。

生活保護も緊急融資窓口も断られた次の手段は、母に内緒で父に保証人になってもらう案だった。

名前だけ貸してくれと。

だけど、父は何もしてやる気はないと母にはっきり言ったそうだ。

父に見捨てられた。

姉は数年前、2店舗目の店を開業する時、父に保証人になってくれないかとお願いに行ったら、『実家の名前に泥を塗る気か?!』と怒鳴り散らされて、帰りの新幹線で一人悔しくて泣きながら帰った話を教えてくれた。

姉も父に見捨てられて以来、この人の老後は面倒見てやらないと決めていると言っていた。

親が保証人を断ったら、子供はどうやって生きていくんだよ。

迷惑をかけたわけでもないのに。

母も父が嫌いな話をする時の1つに、『店が開店して間もない頃、母の妹が店を手伝っていて17時から朝の5時までびっしり休まず働いて、給料たったの10万円を放り投げてよこして、病んだ妹は手首を切って自殺しようとしたことがる。』といまだに言う。

母の両親もよく『こんなに底意地の悪い人、見たことないね』と言っていたそう。

夫婦喧嘩で母の首を締めた男。

友達が一人もいない男。

年金も一人じゃ生きられない額しかない男。

自分の気分で生き、自分だけが可愛い、酒に溺れて生きている男。

酒を飲むと絡んで暴れる男。

血も涙もない男。

子供の頃、一度も家族団欒、父を交えて家族みんなで夕飯を食べたことはない。

私の名前の漢字も間違える、子供達の誕生日も覚えてない、自分以外に一切興味のない男。

結婚3回もしてみんな嫁さんに逃げられた男。

それが曼荼羅の父。

だから私は1度も父が好きと思ったことはない。

常にあるのは同情という感情だけ。

同じ血が流れていると思うと、私もああいう人間になってしまうのかなと思うと、ただかわいそうな人としか思えない。

最低なオヤジだよな。

私の病気のことを知ってて顔合わせているのに『大丈夫か?』の一言もないのだから。

母の手術の立会いだって『絶対に立ち会わない』って言い切った男。

5年前、自分が膀胱癌の手術した時は誰が立ち会ったんだよ。

ようく分かった。

今回の一件で心底オヤジが嫌いになった。

顔も見たくない。

ここまで子供に無関心な父を見限りたくなった。

なんでたった一言の『問題ないか?』が言えないんだろう。

自分が寂しい子供時代を過ごしたから、自分が子供にどう接していいのかわからないのか?

心底気の毒な人。

誰ひとり幸せにしない自己中親父。

周りが傷つくだけだから、さっさと死んでくれたらいいのに。

過剰反応だったけど、心配して秒速で母に連絡してくれた姉は、私が頑なに母に会いたくないと拒んでいると、毎日毎日説得の電話を掛けてきて、子供3人を乗せ車でわざわざ片道4時間近くかけて、母と私の間を取り持ちに東京まで来てくれた。

もう1人の姉も5年以上ぶりの再会。

私以上に神経質で、きっと間違いなく重度のHSPだと思うわ。

膠原病にもなって、50歳で亡くなった母の妹と同じく視野がどんどん狭くなる病気も発症してるらしい。

そんな家族で1番辛い難病を抱え、それでも心配してくれて。

母の手術の立会いも引き受け、私の手術の立会いまで気にかけてくれて、本当に涙が出た。

大丈夫だよー、人生4度目の手術は慣れっこだと強がる私。

子宮筋腫の手術の時も、付き添いなく入退院は全部一人でやった。

全身麻酔の手術って、どうしても誰か立会いがいなくちゃダメだから、その時だけ母にいてもらったけど。

人に迷惑かけたくないと必死で突っ張っている私。

いつも何時間も待つ一人ぼっちで病院にいる心細さが分かるからと言ってくれた姉。

病気で辛そうな姉に、さすがに私はそんな姉に頼るわけにはいかない。

いい加減、しっかりしなくちゃ。

私が死んでも誰も悲しまないとかメンヘラみたいなこと言ってる場合じゃない。

生きるは苦行、辛いのは自分だけじゃないんだ。

そうだよ、何も考えたくないとか逃げてる場合じゃなかったわ。

↓イイネと思ったら・・・
にほんブログ村 大人の生活ブログ 風俗嬢日記(ノンアダルト)へ
↑ポチッと応援お願いします。

NO IMAGE
リアルタイムも見る?