NO IMAGE

毒母の終活、最後の責任。

多分2ヶ月くらい前だったか、最後に母と喧嘩したのは。

約1年ぶりの再会で、話し始めて5分程度でまた喧嘩。

1年ぶりに会ったというのに、1年前に喧嘩した内容をいまだに根に持ってて、会ってほんの数分で1年前の喧嘩の続きが始まって呆れてしまった。

だから会うのはまた1年後でいいやって思うくらい気持ちがいっぱいいいっぱいで、怒りに震えた。

そこから何故か今月急きょコストコについてくる話になり。

1年に2回程、実家の店で使う消耗品をコストコだと安いから買いたいと父が言ってくるので車で行くのだけど、今回はおまけで母が付いて来た。

母がコストコに付いて来たのは1年半ぶりか。

前回は私がタイ留学する直前だったな。

母がついてくると、確か前回は5万円くらい。

今回も実に6万円のお買い物。

過去最高額は8万円オーバーで、食料費や洗剤など消耗品しか買わないのにこの金額は見ていて毎度清々しい。

母の爆買いと金遣いの豪快さは昔からわかっていてもレシートの長さに笑えてくる。

業務用サイズの洗剤3本ずつとか、ボディーソープ5本分の大容量とかも3個とかまとめ買いの仕方が老夫婦2人暮らしとは思えない。

2ヶ月前に私が母を泣かせて大喧嘩のお別れをしたから、今回は多分お互いが気を遣った。

最近健康管理のためにスマートウォッチをつけているのだけど、血中酸素やストレス度なども測れて、装着するようになって約2週間、毎日リラックス〜普通のメンタルと表示されていたんだけど、初めて両親とコストコ行った日に中等度のストレスあり表示を見て思わずニヤついた。

あぁやっぱり親ってストレスの原因なんだなって。

まぁ人間常にノーストレスより、たまに適度なストレスもあったほうがいいよな〜なんて前向きに捉えてみる。

お互いが気を遣ったお陰で無事喧嘩もなく、なんなら翌週に私のマッサージ予約もしてくれて。

足ツボとリンパ流しめっちゃやったから、肩こりと浮腫が取れて、帰宅後にはめずらしく眠気がでてよく眠れたとたいそう気に入ってくれた。

翌日に兄からも電話で『昨日お母さんめちゃくちゃごきげんで気持ち悪いくらいだった』って。

母からもらったお見舞金のお陰でタイ留学にもいけたのだから、心残りだったマッサージも生きているうちにやることができて一安心。

嫁に行けなかった娘の最後の親孝行にでもなれたかな。

オイルマッサージをしていて気がついたのは、子供の頃から一緒によく銭湯やサウナに行っていた母の背中が本物のおばあちゃんになっていた。

うつ伏せになっていても背中が少し丸くって小さくなっていて。

あぁ、あと何年生きるんだろうかってよぎった。

少しお墓の話もできたし、時折声を震わせながら生きているうちに終活を頑張らないとということ、親父よりも先には絶対に死なないっていう決意を聞けて一安心。

『ケンカばかりしていると、1年に1回会ったとしてもあともう10年も生きないだろうから、実質10回も会わないんだよ。』って言ったら、一瞬寂しそうな顔で言葉を失っていたけど、この言葉は相当効いたように感じる。

私が23歳くらいの頃だったか、当時38歳バツイチの婚約者が私に言った言葉で、当時は『ふーん、まぁそうだよな。でも冷静すぎて冷めた考え方をする人だな』程度にしか聞いていなかった。

でもいざ今、彼と同じ歳の頃になってみて共感できる。

もし年に1回しか会わず75歳も過ぎていたら、あと10回程度しか会えないかもと考えると、1回1回の会話が尊い。

実家の店のお客さんなどの噂話や家族の悪口なんて聞いている場合じゃない。

母の持ち家2軒と店どうするのかとか、母が全部ひとりでやってきた無能な父の確定申告を誰がやるのかなど話さないといけない大事なことがたくさんある。

ましてや父には前妻との間に息子が1人。

もちろん私も会ったことのない異母兄。

母は自分が築き上げて来た持ち家2軒と店など財産はびた一文もやりたくないといつも言っている。

だから父よりも絶対に先に死んではならない。

父は脳細胞が酒でやられて頭が死んでいるクズなので、『別に少しくらいやったっていいじゃないか』と訳のわからないことを言って余計母をブチ切れさせた。

つくづく無神経な男だよな親父は。

私も母の立場だったら、自分の方が旦那より先に死にそうだったら刺し殺してでも先に死んでもらうわな。

こういうところが日本の法律は本当におかしい。

夫婦で築き上げたものをなんで前妻との子供に財産分与されちゃうのか。

しかも家の一軒は母が父と結婚する前に自分で買った家なのに、それを会ったこともない再婚相手の息子にまで遺産分配されてしまう可能性、そんなの許せないよ。

死んでる場合じゃないよ。

しかも親父は1度も育てていないし、まだ親父1人の財産を前妻にも分けると言うならわかるけど。

無一文同然で母家に転がり込んできた婿養子の親父。

母が死んだら現妻(母)の財産まで旦那(父)の前妻との子供にも振り分けられちゃうのは納得いかないよな。

これだけのために絶対に親父より先には死なないし死ねないと言っている。

同感。

『頭の悪い親父と結婚してしまった母の最後の責任だからね、無責任に先に死なないでくださいよ、それだけはよろしく頼みますよ』って伝えた。

母が先に死んでしまったら、本当にうちはめちゃくちゃになる。

親父は1人じゃ何もできない人だから。

最近兄の小狡さが見えるので、親父が残って母が先に死んだら、兄が親の遺産をめっちゃあてにして自分の都合良いようにするんじゃないかって信用ならない。

嫁いでいない私を無視されそうで不安。

50歳過ぎで貯金ゼロで、下の子供まだ小学生。

定年退職後の仕事どうするの?って聞いても何も考えていないって言うし。

親の財産あてにしてるから考えてないんじゃないのかって思えてならない。

ここ最近、母の誕生日にお花をプレゼントしてくれるようになったらしいけど、母曰く父にはしていないようだし、去年コロナ禍になってからほぼ毎日のように私がお昼ご飯作って誘ったり、兄の去年の誕生日にはシズラーで2000円のランチバイキング行ったにもかかわらず、私の誕生日は電話で思い出したかのように『そういえばおめでと〜だね』って一言言われただけ。

別にいいんだけどさ。

でもさ、兄は去年ほぼ毎日うちで食べてお昼ご飯代浮いた訳だし、兄の誕生日もファミレスだけどご馳走してるんだから、コンビニでプリン1個くらい買ってくれてもバチ当たらないんじゃないかとは思うんだよね。

お金ないお金ないって言う割に、娘2人のダンスの習い事に自分は今どきまだタバコやめないで吸っている。

だけどここぞという時すら1円も人にお金使わない、相手にモヤつかせる節約の仕方はケチとかセコイの分類に入ると思うわ。

ましてや話を聞いて、母にだけ媚を売ってるような印象を感じてしまった。

しかも母の友人が床屋を経営しているんだけど、50過ぎの家庭を持ったおじさんが無料で髪切ってもらっているんだって聞いてドン引き。

母も息子には甘いから『行ってくれてるみたい』程度。

お礼はいいのよ、私からいつも手料理とか差し入れとかしてあげているんだからって。

私だったら毎月無料で髪切ってもらって悪いなって思うから、お金受け取らないならせめて手土産くらいは持っていくけどそれもしないのって男あるあるなのか?

自分の兄ながら、節約の仕方に図々しさにドン引きだわ。

そんなことでモヤつく私がチンケな女なのだろうか。

まぁ兄は計算高く頭のいい人だから、一向に娘の誕生日を覚える気のない親父よりはマシだけどさ。

美空ひ○りの生誕祭は毎年忘れずにやるくせに、なんで私の誕生日覚えないんだろ親父。

自分のもうひとりの娘、私の姉の誕生日は覚えているんだよ。

昔から一緒に住んでて親父に祝ってもらった記憶ないわ。

自分ひとりの世界だけで生きている人。

親父の父親も毎日日本酒とか浴びるほどの大酒飲みで、それなのに意外と内臓が丈夫で確か老衰で亡くなったんだよな。

親父の母親は痴呆症で施設に入って、こちらも確か老衰で亡くなった。

内臓が丈夫だから結構生きてしまうことが心配。

兄も珍しく?いや、初めてかも『早く死なないかな』なんて小さい声でポツリと言っていた。

まぁ親父と兄血繋がってないから、よく耐えてくれていると思う。

このまま酒飲み続けてもらって構わないので、アルコール依存症だね〜なんて父に面と向かって言っているけど、誰もお酒はやめなよと止めはしない。

再発2度目の膀胱癌が見つかったけど、薬で膀胱内を洗浄するとか?って先生からの説明をしてもらっている時に『先生、酒はもう飲んでもいいですか?』なんて質問するくらいだから呆れちゃう。

もう誰も止めない。

膀胱癌再発しても毎日浴びるほどの酒飲んで、このまま死んでくれたらいいのにね、意外と長生きしちゃうんだよねこう言うタイプがなんて母と会話して。

でも2度あることは3度ある。

きっとまた3度目の癌が再発してくれるよって言った。

側から聞いたら酷い会話かもしれない。

でも人のために役にも立たない、なんでも人任せにして生きて来たアル中男の末路よ。

自分でも自覚があるから去年救急車も自分で呼んで1人で乗ってひとりで退院して来たんだと思う。

酔っ払い、少しでも人に迷惑かけないようにという配慮はえらい。

犯罪者でなかったことだけが救い。

身辺整理も終活もなんもしないしできない男。

でももし何か問題起こして私が逮捕されたら、警察署に迎えに来てくれるって言ってくれたからその言葉だけでもちょっと救われた。

別に逮捕される予定なんてないけどさ。

母はいざとなったら私の念力で祈って死んでもらうから大丈夫って言ってて。

どうしてもここぞという時、手をあわせて祈ると願いは叶って来たから、これは最後の最後の私の願いにしておくわって。

願って来た夢全部叶えて来た母だからこその説得力は頼もしい。

毒母とアル中親父、鬱陶しいし大嫌いとか早く死ねとか色んなことを思って来たけれど、すでに母が終活に入っていることを知って、少し冷静にしばらくは会話できそうな気がする。

それにしても警察に迎えに行く話とか死ぬ順番とか、親子で変な会話してんな。

どこの家もこんなもんか?

ここ数年、母の老いの症状が顕著で、会話が成り立たずぶつかってばかりいた。

とにかく私と母は性格がそっくりでキツいからぶつかりまくる。

母の絶対に自分の言い間違いを認めないプライドの高さ。

それがようやく丸くなって来た母。

会話する時の単語数がかなり減って来たのも老いの症状か。

まるで単語の少ないカタコトな喋り方は子供。

日本語少し話せるようになった外国人みたいでもある。

“なにが、どうした”と主語述語も出てこないでただ『○○だ!』みたいに推測しながらじゃないと前後の背景が読み取れない、実にシンプルすぎる幼稚園児くらいの子と話しているようなキャッチボール。

でも内容はまだまだしっかりしているからいいんだけど、なんて言うのか、語数が減ったなぁ。

むしろここ数年の痴呆っぽさから抜けた感はちょっと感じるくらい聡明だけど。

元々頭のいい母だから、会話の内容が単調になっても言っていることはしっかりしてる。

80歳も近いと、きっと日々脳のコンディションとかで波があるのかもしれないな。

言ったことを忘れちゃって、自分を棚に上げて自分のミスも疑わずに言った言わないで相手ばかりを責めるような言い方がここ最近減ったように感じたから、これから最後の日までは少しでも穏便にお見送りの日まで過ごせるかもしれない。

いや、そう願いたい。

いくら嫌だとか絶縁したとか喧嘩ばかりで憎んだ時もたくさんあったけど、父も母も死んだら私は本当のひとりぼっち。

兄姉たちには結婚して子供がいて新しい自分の家族がいる。

私の兄姉はもう別の家庭で家族がある。

いつまでも兄姉が家族って感覚が抜けないのは私だけ。

嫁に行っていないから家族って感覚が抜けない。

父も母も居なくなったら、私は話がしたい時、一体誰と会話するんだろう。

なんか考えたら涙出て来ちゃった。

おかしいな。

大嫌いだったはずなのに。

↓イイネと思ったら・・・
にほんブログ村 大人の生活ブログ 風俗嬢日記(ノンアダルト)へ
↑ポチッと応援お願いします。

NO IMAGE
リアルタイムも見る?