NO IMAGE

孤独を楽しむ

風俗って変わった世界。

今まで私が生きていた世界では、良い時には人が集まってきて、悪い時には人が去っていく。

だから辛い時にこそ側にいて応援してくれる人を大切にしなくちゃな、なんてよく思っていた。

けれど人を頼る甘え方が分からないから、親切にされるとどう感謝を伝えたらいいか分からない難しさもある。

ところが私の風俗人生では、良くなりかけてくると人が去っていき、悪くなってる時に人が寄ってくる。

それだけこの風俗世界では、人の痛みや辛さに対する共感力があるってことなのか。

ツイッター見てても風俗嬢の団結力ってスゴイよなと思う。

風俗嬢VSクソ客とか、風俗嬢VS風俗スタッフなどのバトルになっても、その風俗嬢側の言い分ちょっとおかしくない?と思うことがあっても束になってかかるから、白い物もみんなで黒と言えば黒になっちゃうんだからある意味怖い。

人を贔屓目で見て、世の中を平等な目で見れなくなる恐ろしさよ。

私はズルい人や人に迷惑かけても気にしない人は嫌いだけど、人間臭い人が好きだ。

表現としてあっているのか分からないけど。

人の弱さ、不器用さ、不都合な部分、腹の黒さ、人生の失敗、なんでも自然にさらけ出せる人でありたいし、それを許せる人になりたい。

誰の言葉だったか。

弱さをさらけ出せるのは強さの証。

私もそう信じてる。

なんでもさらけ出せるって誰にでもできることじゃないんだなって最近気が付いた。

私は強くなった。

この5年で変われた。

最近、母にも言われた。

『あなた、変わったわね。(いい意味で)人の話を聞けるようになり、的確な返しができるようになった』と。

このブログのおかげだ。

書くことでまとまり、頭の中の整理ができるようになった。

弱い時からの記録を書き綴ってきて本当に良かったと思える。

独り言を読み返すことで人生を振り返れる。

どん底メンタルを経験したらあとは上がるだけ。

上がり調子で頑張っていると、またどん底に落ちる日がやってくる。

人生死ぬまでその繰り返し。

その度に乗り越えればきっと成長できる。

たまには息抜きでもしながら。

息抜きなんて贅沢なのか?

20代半ばの私の仲良い常連さんの中で1番若手でかれこれ約1年半の付き合いになるお客さんがいる。

入院する前に、こんな会話をした。

私『深夜ブログを書く時、音がないと寂しくて、じっとは観ていないのだけどたまたまやっていた深夜のアニメ「色づく世界の明日から」が面白くて、プライムビデオで探したらあったからじっくり最初から見たらハマっちゃった。』

 

 

彼『ゆるキャン△も面白いのでオススメですよー』

さすが若手。

アニメやゲームの面白いものを知っている。

 

 

入院中は退屈だから、その時に観ようっと。

そう思って手術した翌日の夜、暇で眠れない時になんとなく見始めた。

そしたらハマっちゃってハマっちゃって!笑

全話イッキ見、気がついたら明け方。

退院後の自宅で退屈な夜に、かれこれ計3回は観た。

なんだろう観ているだけでワクワクするアニメ。

多分富士山が好きだから、なでしこちゃん(主人公)の気持ちがわかる。

1人行動が好きだから、しまりん(登場人物)の気持ちもわかる。

そこに意外とアウトドアバーベキューとか好きな引きこもりの私。

昔、女子6人で山梨に桃狩りへ行った時、バーベキューをしたことを思い出した。

献立は、魚介のホイル焼き、カマンベールチーズのフォンデュ、特大パエリア、桃のキャラメリゼにアイスクリームを添えて。

事前仕込みと料理、ほぼ私1人でやって女子みんなに食べてもらい、作って美味しいって言われることの幸せ。

あぁ〜蘇るバーベキューの楽しさ。

ゆるキャン△、どストライクにハマった。

ハマりすぎて漫画本まで揃えてしまった。

 

 

他にも似たようなアウトドアアニメはないかと調べる。

あるじゃーん。

 

 

これは山登りがメインのアニメだけど、それでもアウトドア飯も作ってる。

富士山登るシーンとか、私も1人で富士山登った時のことを思い出しちゃう。

久々に仕事以外で何かに夢中になっている気がする。

引きこもりの私に外へ出る楽しさを思い出させてくれそう。

1人キャンプもソロキャンという言葉が定着するほど流行っているとか聞くし。

ぼっちキャンプかぁ。

イイネ〜。

始めたらお金のかかりそうな趣味だけど、ゆるキャン△に出てくる女子高生たちの“お金はないけど必要最低限で楽しめるユルいキャンプの楽しみ方”も参考になった。

ユーチューブで検索すると、同じようにアニメゆるキャン△にハマって実際に聖地巡礼がてら真似している人たちが結構出てくる。

10000円でキャンプ道具を揃える動画とか、雪の中自転車で埼玉から山梨まで行ったり、毎回キャンプ飯がカップヌードルシリーズのおじさんの笑える動画とかも観まくった。

面白そう!私もやりたい。

プライベートほぼゼロの人間は、仕事を楽しんでやるしかなかったけど、楽しい趣味のために仕事も楽しむと、もっと心が満たされそう。

いくら仕事大好き、楽しいとはいえ、やっぱりスイッチのオンオフって大事。

はぁ〜やりたいことができた。

今はまだ趣味にお金かけられる余裕なんて1円もないけど、絶対ソロキャンプやってみるぞ。

125ccの原付を買ったとして、山梨まで片道150キロか・・・笑

しまりんも山梨から長野まで原付で片道150キロ走ってたから行けるはず!(いや、アニメの話だろ)

しまりんのセリフ、心に響いたなー。

 

同じキャンプでも1人だと全く別のアウトドア

見た物とか食べた物のこととか、1人でゆっくり物思いに耽ったり

ソロキャンは寂しさも楽しむものなんだって

 

しまりんのキャラ好き。

声の人、東山奈央さんもいい声してらっしゃる。

この声優さん、ヤマノススメにも出てくるんだよね♪

今更ながら、独りぼっちで生きることをネガティブにばかり捉えていないで、独りを楽しむを学んだ気がする。

大人数でやるキャンプも楽しかった。

ソロキャンプもきっと楽しい。

いつかカップルキャンプとかも憧れるな。

秋とか冬の寒い時期に、テントの中で寝袋にくるまりながら動きにくいセックスをする。

吐く息白いテントの中、お互いの体温だけを感じながら。

キャンプセックスやりたい笑

ま、1人じゃできないから、まずはソロキャンを早くやりたいな。

やるなら秋か春。

それか雪がまだない時期の冬。

山梨で、富士山の見える湖畔がいいな。

星以外なにも見えないほどの暗闇で。

目に焼きつくほどの満天の星空。

まずは複業を成功させて収入増やし、キャンプ道具を揃えないとな。

なんだ私、独りぼっちでも十分人生楽しめてるじゃん。

↓イイネと思ったら・・・
にほんブログ村 大人の生活ブログ 風俗嬢日記(ノンアダルト)へ
↑ポチッと応援お願いします。

NO IMAGE
リアルタイムも見る?