• 2015年3月11日

初めての膀胱炎

個性的なお兄さんとおじさんが続いた翌日に膀胱炎になった。 特に風俗嬢に割と多い病気。 膀胱炎は初めてだったけど、膀胱炎だなってすぐわかる。 何とも言えない下腹部痛、頻尿、排尿痛etc…でイライラ。 昔腎臓の病気もしたことがあるからわかるけど、泌尿器系の痛みってものすごくイライラする。 できることはひたすら水分をとる。 1時間に1~2度も行きたくなる頻尿。 菌を早く出した方がいいから、た […]

  • 2015年3月11日

デリヘルの個性的なお客さん 豹変編

50歳前後のおじさん。 入室してからずっとシャイなもんで・・・といい、目も合わせてくれず。 ずーっと背中を向けたままベッドに座って、3本くらい続けて煙草を吸っていた。 私が着く前に500ml缶チューハイも2本飲んでいたようで、酒臭い。 煙草も臭い。 でもお仕事だからそんなことは言ってられない。 会話も続かず苦痛な時間。 ようやくシャワー。 出てきてからもまた煙草。 特にたくさん話すわけでもなく、私 […]

  • 2015年3月11日

デリヘルの個性的なお客さん マネキン編

2週間くらい前、S店でクセの悪いお客さんにあたった。 32歳、モデル風。 甘いお顔に長身でオシャレ。 なんでデブ専門のデリヘル嬢なんて呼ぶのか?と思ってしまうくらいの容姿。 モテるとも自分で言っていた。 自分で言うって、よほどモテるんだろうな。 しかし会話をしていると、彼女にはアブノーマルや激しい行為を見せられないらしい。 なるほど。 その容姿からアブノーマルなことをしたら女子はショックを受けてし […]

  • 2015年3月11日

3/10の売上

本日1件のみ、20,000円なり。 非常に身体的に楽である。 1日の件数少ない方がちゃんと濡れやすいし、丁寧なサービスもできる。 本指名の常連さん、長く続けばいんだけど。 たいてい飽きてくるか、本気になるかのどちらかで関係が長く続かない。 うまーく引き伸ばしながらあしらう手腕が私にはないんだな。 ↓これでも一応 にほんブログ村

  • 2015年3月11日

コンドームの種類

お客さんからの性知識?! コンドームってたくさん種類があるから使い比べたこともないし、自分で用意するときはとりあえず大手メーカーだしコンビニで手に入るってな理由だけで、オカモトかベネトンあたりでいいかな~なんて思っていた。 でもその風俗プロ?のお客さん曰く、オカモトよりサガミオリジナルがオススメとか。 さらにウレタン製がゴム臭くなくて良いらしいとか。(サガミオリジナルもポリウレタン) 他にも、0. […]

  • 2015年3月11日

巨乳の悩みを挙げてみる

我が家では代々遺伝なのか?全員胸がでかい。 出産経験者の母や姉はみんな垂れ大きかった分、ヘチマをぶら下げているかのようだった。 自分も出産したらなるのかなと温泉やらで見るたびにそう思った。 他にも下着専門ショップに行ってもデパートに行っても、ブラジャーサイズがなかなかない。 基本的に肩紐もやや太めでないとダメ。 細い肩紐のブラジャーはおっぱいの重みで肩に食い込むので、かわいい細いゴムリボンみたいな […]

  • 2015年3月11日

おっぱいの悩み

よく貧乳だと悩んでいる人がいる。 そういう悩みや相談をネットでも見かける。 でも巨乳で悩んでいるという話はあまり聞かないし言えない。 なぜか? 多分だけど、巨乳で悩んでいると話すと、嫌味に聞こえるから。 でも悩みとしては巨乳のほうが深刻だったり、辛かったりすると思うんだよな。 おっぱいが大きいことで、似合う服が少ない。 大きいブラジャーは可愛くない。 大きいブラジャーのサイズも種類も少ない。 肩こ […]

  • 2015年3月11日

デリヘルの転職活動 その2

一方のS店。 ・待機部屋が3つある(TVルーム、寝れる部屋、喫煙室) ・常に女の子がお茶を引かないようにキャンペーンを色々考えてくれている。 ・コース料金は3段階からオプション料金は嬢本人が決められて、ホテヘル専門店なので待ち合わせや自宅デリバリーはNGにするかどうか自分で決められる。 ・クセのあるお客さんだという情報をお店が持っていれば、行く前に教えてくれる。 ・性病検査キットを無料で使える。 […]

  • 2015年3月11日

デリヘルの転職活動

新しく面接に行ったお店はとても女性に良心的なお店で何故か感動した。 比較してみた。 デリヘルデビューしたデブ専門店をG店 嬢に紹介してもらって行ったデブ専門店をS店とする。 ありのままに感じたことを比較する。 まずはG店 ・事務所にスタッフがいつもいなく相談もフォローもない。 ・ドライバーが送迎中の車内で、別の女の子の悪口や悩み相談してきた内容をペラペラ話す。 ・車でのデリバリーが4割ほどあるのに […]

  • 2015年3月11日

お茶引き嬢からの脱出

出勤するからには1件でもお客さんにつきたい。 ゼロで収入なしなんて嫌だ。 そんな時、同じような状況に陥っていた10歳以上年下の女の子とたまたま待機場で愚痴りあっていた。 私「年齢的に人妻系のお店に移るべきなんだろうけど、求人見るとハードなプレイが多そうだし、スタイル抜群な画像ばかりだから身体も弱いデブのばばあが行くのには怖くって・・・」 そう、未経験で業界に入ってきた人は特に、お茶を引いても待機場 […]