一言で毛深いと言っても、基準は人それぞれ。

腕毛やすね毛、胸毛、陰毛、各場所だけがすごい毛深く剛毛の人もいたり、全身それほど剛毛でなくても毛むくじゃらの人もいる。

逆に毛がほとんどなく、つるすべの男性もたまに見かける。

女性はどちらが好みか?

私はどちらと言われたら、つるすべの方がいい。

職業柄かもしれないけれど、例えば長い乳首毛は乳首を舐めている時に歯に挟まってデンタルフロスみたいになる時があるから、やっぱり剃れるのなら剃っていて欲しい。

もし乳首やちん毛が濃い人で、いつもあまり舐めてもらえないと感じる男性がいたら、もしかしたら毛が濃すぎて舐めたくないと思われている可能性もある。

毛って、お互い様で口に入ったらオエってなって口の中にずっとあるみたいになって気持ち悪いでしょう。

私自身も風俗デビューしたての頃、口の中にちん毛がずっと残っている感覚が辛く慣れなくて合間に嘔吐しながら仕事していた。

男性の毛の濃さって、自分では世間一般的に毛深いのだろうか?とそもそも男性は気にも留めない人も多い気もする。

でも毛深いことが悩みで、女性の前で裸になることが恥ずかしいという悩みを持つ人もいる。

むしろお前もっと気にしろよっていう毛深い人が、全然毛深さで迷惑かけていることに自覚がない男性もいたから本当に毛深い基準って人それぞれ。

コンプレックスを気にする人に、それは個性だからありのままの自分を受け入れてくれる人を探しなさいとか、作りすぎないようにとか自然体でとかいうけれど、人に迷惑をかけたり不快にさせるものはよくない。

しかも治療ができるものなら尚更。

ちなみに私は去年まんこの手術をしたし、後悔していないしやってよかったと心底思っている。

悩んで気にしているくらいならさっさとやった方がいい。

例えば全身毛むくじゃらでくまさんみたいな人を受け入れてくれる人が、世の中に5人しかいないとしたら?その5人と出会える運は奇跡に近い。

それが今の時代では便利な脱毛というものがあるのだから、脱毛することによって、モテ期到来するほどの人になれるかもしれない。

そう思うと、やはり改善できるものは改善するに限る。

ありのままの俺を受け入れてくれる人を待つから、俺はこのままでいい!じゃないんだよ。

ゴリラ並みの毛むくじゃらが好きって人と出会えたらラッキーだけれど、貴方の内面や顔を好きになった相手が毛が苦手だったら、自分の恋人に我慢を強いるのだから。

元脱毛エステティシャンのプロだった私が考える毛深い男性とは。

人に迷惑をかけるほどの毛深い男性は脱毛をした方がいい。

人に迷惑って?

それは風俗で働いてて思った毛むくじゃらとただの毛深いの違いの目安は、裸でベッドに入った時、シーツの上に毛が散らばり目視でわかる毛が残る人は確実に脱毛に行ってくださいと言いたい。

剃れる程度の毛なら剃る。

剃るとジョリジョリしてしまうような剛毛多毛さんは脱毛サロンへ行ってください。

陰毛だけが濃いのみの人は梳きカミソリで梳くだけでも毛量が減るのでおすすめ。

まぁできればパイパンにすることを勧めるけど。

プライベートレッスンに来たお客さんでも全剃りしてあげたこともあった。

剃毛プレイ?!は感度が良くなって気持ちがいいらしい。

ちなみに脱毛サロンに行くと永久脱毛されて不自然になることを心配する男性もまだまだ多いのでは?

それは大間違い。

よく私がお客さんを洗ってあげている時に、毛深めの方や気にしている方に話していることがあるので興味のある方は読んでいただきたい。

そもそも脱毛には、医療脱毛とエステ脱毛がある。

◉医療脱毛のメリットは永久脱毛を目指せる、美容脱毛より早く仕上がる、肌トラブル(火傷など)が出た場合すぐに処置をしてもらえる。

◉医療脱毛のデメリットは美容脱毛より高い、箇所によって痛みが強い場合がある。

では医療脱毛がこれだけ確実で早くて安心なのに、なぜ美容脱毛の需要も減らないのか。

それは美容脱毛には美容脱毛の良さがあるから。

◉美容脱毛のメリットは価格が安い、パワーが弱い分痛みが少なく感じる場合がある、医療用に比べゆっくり除毛減毛スタイルなので毛量の調整が可能。

◉美容脱毛のデメリットは、医療脱毛に比べて回数がかかる、永久脱毛ではないので、ホルモンバランスや皮膚の摩擦や刺激で毛が活性化してしまうことがある。

医療脱毛に比べ、パワーが弱い分回数はかかるけれど、そこをうまく利用すれば男性こそ特にエステ脱毛をお勧めしたい。

※回数はあくまでも目安です。

 

画像にも書いたように(手書き下手で申し訳ない)美容脱毛で毛量調整を行い体毛調整をすることができる。

全身が濃い人は、様子見ながら3〜5回程度の全身脱毛を行い、毛質が細く柔らかく好みの毛量になったら止めて、その後は特に濃いところだけを重点に行うでもよし。

この方法は女性は特にVラインでよく行われる。

実際に私も3回のパイパンの全剃り脱毛を行い、その後指2本分の幅の逆台形にデザインを行なった。

Iライン(まんこの周り)とOライン(肛門周り)は最後まで完了。

ちなみにヒゲ脱毛をやりたいんだよね〜って声はよく聞くけれど、完全脱毛して剃る必要がないくらいまでやらないとヒゲはオススメしない。

なぜなら脱毛した箇所は、摩擦に弱く結局髭剃り習慣をやめない限り剃ればまた濃くなってしまう可能性があるから注意が必要。

脱毛した箇所に基本カミソリは✖️。

ちなみに女性も全身脱毛を終えた後、肘をついたり立膝をつく人も要注意。

お肌を守ろうとすると毛って生えてくるので、摩擦や刺激で肘や膝だけふさふさになってしまうことがある。

実際の私もそうだし、脱毛エステサロンで働いていた時、お客さんからの相談やクレームでこれが意外と多かった。

全身脱毛終わっているのだけど、肘と膝だけふさふさしてるとか嫌よね。

ここだけ追加脱毛が必要になって困った。

まぁ年々脱毛の機材も優秀になってきているでしょうから、私が働いていた頃からは若干変化はしているかもしれないが、回数に関してもあくまでも大体の目安として参考にしていただきたい。

脱毛の話、もっと聞きたい男性はプライベートレッスンに来て聞いてくださいね^^

脱毛って1回じゃ終わらないし、繰り返しライトを照射して徐々に毛質を弱めていくものなので、毛量調整であっても1年前後、無毛の場合2〜3年かかるから、気になるならさっさと始めた方がいい。

男性も全身つるすべ毛なし時代へGO!!!

↓イイネと思ったら・・・
にほんブログ村 大人の生活ブログ 風俗嬢日記(ノンアダルト)へ
↑ポチッと応援お願いします