自分で言うのもなんだけど、風俗嬢になってから、キスや舐め方が本当によく褒められる。

骨抜きという言葉がぴったりなほど、たまに気持ち良すぎて白目むいちゃっている男性とか見かける笑

だから勝手に“舐めのまんだら”名乗らせていただいてます笑

プライベートレッスンに来られる方の中には、風俗経験ない男性や女性経験数が片手以内という方も多く、自分の気持ち良い場所を知らない男性もまだまだいらっしゃる。

特に20代の男性。

風俗未経験の男性は、人に身体を洗われた経験が全くないから、金タマを転がすように洗うと飛び上がったり身をよじってくすぐったがる。

なんとも可愛い反応。

そんな風俗未経験の若者で2番目に多い悩みは、彼女や奥さんへの攻め方が分からないと悩んでプライベートレッスンのページにたどり着いている。

ちなみに最近1番多いのは彼女が欲しいけどできない、どうしたらいいかという相談。

パートナーがセックスに積極的じゃないから、どこをどうしたらいいのか反応がなさすぎて分からなくなってしまうみたい。

でも女性側も自分でどこをどうされたら気持ちいかが分からないから言いようがないのだとも思う。

それだけ前戯が短くてあっさりなんだろうなと。

お互いにセックススキルが初級同士だと、積極的好奇心が勝れば試行錯誤してお互いに開発しあえどうにかなるものの、恥ずかしがり屋の一般女性にはどうも難しい。

20代の素人女性がいきなり男性の乳首舐めくりまわしたり、積極的にフェラしたりなんてあまりしないだろうし。

だから男性も風俗経験がない分、舐められ経験がないから、どう舐めたらいいのかが分からない様子。

ならばやはり舐めてもらうに限る。

その舐められた時の感触で気持ちよかったものを覚え、自分の技にする。

そのためにレッスンに来てみるのもありかと。

マンネリしない舐め方のバリエーションお教えできます。

おっぱいの攻め方と乳首の舐め方覚えたら、クンニにもそのまま使えるので、まずは自分で舐められて覚えてみてほしい。

よくレッスンでも話すのだけど、人間の神経って、痛いと気持ちいいとくすぐったいは紙一重。

その絶妙なラインは人それぞれ個人差。

男女差ではなく、個人差。

おっぱいがあっても何も感じない人もいれば、男性でおっぱいが膨らんでいなくても身をよじって感じる人もいる。

何も感じない、痛い、くすぐったいの人には無理に開発せずにスルーすればいいし、気持ち良いと感じる人にはとことん舐められるテクニックを磨いとくといい。

そのためには自分が舐められたときにどう感じるか知っておく必要があると思う。

他者を知るにはまずは己から。

己の欲せざる所は人に施すなかれ。

どちらも大事!

↓イイネと思ったら・・・
にほんブログ村 大人の生活ブログ 風俗嬢日記(ノンアダルト)へ
↑ポチッと応援お願いします