昨日のマッチングアプリを利用する女性の話の、今度は男性側からの話。

立て続けに最近、女性利用者側と男性利用者側と両方からの話が聞けてとても興味深い。

プライベートレッスンをご予約いただく男性の悩みも様々。

最近の珍しいパターンとしては、既婚者で風俗嬢の彼女ができたと・・・諸々お悩み相談に来てくださった方も。

夫婦関係が冷めきった男性からすると、心通わせて都合よく遊べる彼女ができるなんてきっと既婚男性からしたら羨ましい限りだろうか。

ここ最近の増えている傾向としては、風俗嬢のオキニとどうかなりたいという一歩間違えるとクソ客認定されかねない相談よりも、純粋に彼女が欲しいという男性からのレッスン希望者がすごく増えている。

パターンとしては、マッチングサイトで出会った女性と先に進みそうなのだが、童貞なのでどうしたらいいかわからないという人。

もう1つは、童貞または素人童貞なのだけれども、彼女を作りたいのだが何をどうしたらいいのかわからないという人。

特に30歳前後を境に童貞のターニングポイントがやってくる。

このままじゃ良くないと行動を起こす人達が特に多いお年頃。

私の時代なんて20歳過ぎて童貞処女だったら遅いとか恥ずかしいとかあったけど、今の時代は20代後半でも結構いるらしいから時代はほんと変わっていくもんなんだなぁなんて思う。

そんな悩める男子たちに私が必ず言うのが、プライベートレッスンに来る勇気を振り絞ったのだから、そのまま勢いに乗って、ぜひ恋活も同時進行してくださいというもの。

例えば先日、ご予約いただいた20代男性は2週に渡ってレッスンにきてくださった。

1週目は、カウンセリングで3時間。

過去のダメになった恋愛が、なぜうまくいかなかったのかを振り返り、同時にマッチングアプリや婚活パーティーなどを申し込み次週までに何か行動を起こしてみてくださいと宿題。

また、うまくいかなかったものに対してもマイナスではなく、収穫があったことを気づいてもらうカウンセリングを行った。

そして翌週に、3時間かけて前戯のやり方や彼女が喜ぶセックスレッスンと1週間行動してもらっての収穫と、その現状からどのように次なる段階に進むかの具体的な話し合い。

前戯の中でも、クンニに関してはお客さんは風俗未経験者も多いので、おばさんのまんこで練習とはいえ抵抗あると思うから強制せずに本人の意思に任せている。

たまにクンニも頑張りますという割にはすぐに根を上げてギブしてしまう男性もいて、そういう人は自分が気持ち良くなることしか考えていない自己中心的思考なので、正直プライベートではあまり女性とセックスしないでいただきたいと思う。

やるやらないは強制しないが、やると決めたのに途中で根をあげるとか言語道断。

私に甘えて、もう無理ですっていうのは別に気にしないけれど、恋人の前でそれは通用しないということ、わかっているのでしょうか。

他にも月1程度でレッスンに来て、プレイの練習をしつつ婚活アプリでデートをしている男性の進捗状況を聞くなどもある。

女性になれていない男性は、次の展開をどうしたらいいのかとか、デートでセックスに持ち込むための繋ぎ方や、女性の本音が読めずに困っている人の多いこと。

それで遠のき、ご縁を疎遠にしてしまうなんて勿体なさすぎる。

今年に入ってからレッスンに来た男性で、うまくいかなかった恋愛で、1番多い理由が、半年〜2年と期間はまちまちだが、手も繋がないとかキスすらしない、彼女なのに彼女に触れない男性があまりに多いことに驚いた。

例外もあるけれど、女性だって待っている。

自宅に招いて、彼女がお風呂に入るねって匂わせているのに、スルーして何もしないで泊まって帰って来たなんて・・・なんてかわいそうな女子。

イチャイチャスキンシップしたかっただろうに。

好きな人が自分に触れてくれることを、女だって待っている時がある。

そのアピールを無視してしまった理由が、SEXに自信がないから。

なんて勿体ない。

そんな男性の多さに驚き、やはり童貞ってただの足枷にすぎないんだなと改めて実感した。

だからせっかく勇気を出して、レッスン受講する気になったのなら、同時に恋活も初めてみて欲しい。

推奨タイミングは、マッチングアプリや街コン、婚活パーティーなどで気になる子が現れて、メールのやり取りの段階〜デート3回目以内位までの合間に来てもらえるとよりワンポイントアドバイスもしやすいかなと思う。

高いお金を払ってセックスレッスンに来るのだもの。

十分元を取って帰ってもらいたいし、同時進行することでアドバイスをより効率よく実践編に生かしてもらいたい。

さぁ、クリスマスまで3ヶ月切りました。

平成最後のクリスマス、ぜひ愛しの彼女とすごして欲しい。

純粋にパートナーが欲しいと願う人々に幸ありますよーに!

↓イイネと思ったら・・・
にほんブログ村 大人の生活ブログ 風俗嬢日記(ノンアダルト)へ
↑ポチッと応援お願いします