え?まだ5年目なの?って声が聞こえて来そう。

このブログの1番下に、風俗嬢になった時の日付からカウンターを付けており、気がつけばもう5年目に突入している。

最初の1、2年は風俗年数が増えることが嫌で嫌ですごく気にしていた。

けれど、もう5年目にも突入すると考えもしなくなっている自分に驚く。

なんかどっぷりで嫌という気持ちもなくなっていることに複雑な気持ちになる。

かといって、昼職に復帰するなんて想像できないし。

もし昼職復帰するとしても、例えばテンガみたいな会社に行きたいなんて思ってしまうところが応募動機おかしい。

まぁテンガの求人みたら、自分の職歴を活かせそうな職種の募集はしていなかったから残念。

所詮昼職でも居場所のないおばさんよ。

お会いする風俗嬢さんにも、まだ5年?とか、意外と経験年数短いんですね〜と驚かれることが本当に多く、なんだかマウンティングされたような気がして正直ちょっとモヤる。

ただベテランってだけで、キャリア数年の嬢を見下す風潮なんなんだろうね。

前にもいたけど、私多分あなたより全然おばちゃんよー、おばちゃんでも良かったらお食事でもしませんかー?って。

それ、やんわりマウンティングしているって気がつかないのかな。

私が神経質すぎるのか?被害妄想強すぎ?

年上だからなんなの?業界歴長いからなんなの?敬って崇めて欲しいわけ?

いつも思うのだけれど、嫌々働いてなんとなく日銭稼いで来た10年選手とゼロから学ぶ姿勢で勉強しながら働いてランカーになった5年選手、それでも10年選手はすごいのでしょうか。

必死にやって努力して来た風俗嬢さんは結果を出すために、他人になんて構っている余裕なんてないから、他人のことはあまりとやかく言わない。

そんな気がする。

もちろん純粋に驚いているだけの人もいるけど、まぁ言葉の節々で違いはわかるよね。

経験年数がただ長いだけの人って、斜め上から眺めて文句を言ってくるだけだから関わりたくない。

こういうことはっきり言ってしまうから、世界を狭めてしまうんだよね・・・わかってるけど言わなきゃいられない性分でさ。

相当損して生きて来ていると思うけれど、その分運だけは強いし少なくても出会った人には恵まれて来たからこれでもいいんだ。

風俗業界たったの丸4年の中で、ブログを通し出会え、こんな私でも良くしてくださる方々に感謝。

ご飯友達の風俗嬢さん方、お客さん方、中塩さんにサイゾーウーマンの編集長、中村うさぎさん、悩み相談を聞いてくださるソープの社長に元ピンサロの社長と担当税理士さんなどなども心強く、他にも色々かけがえのない人々に恵まれて本当に幸せ。

いつか風俗を上ろうと思っている人間なのだから、交友関係広すぎても良くないと思うから、狭く濃い人間関係で十分。

それをさぁ。

たかが風俗ごときでって言っちゃいけないのかもしれないけどさぁ。

昔、正社員で板前の修業をしていた時は確かに5年目は0.7人前くらいな印象で、1人前になるためには10年くらいの人が幅を利かせていた。

でもそれは先輩が技を教えて習得するまでに時間をかけてもったいぶって教えているだけのように感じていた。

今の時代にそんな職人肌、そぐわないよ。

少し前に話題になった、寿司職人になるために何年もいらないじゃないかと3ヶ月くらいの学校だってあるのに。

プライドばかり無駄に高い人多いよなぁと。

耳に入ってくるウワサがそんなんばかりでもう苦笑いだよ。

経験年数浅いくせにデリヘル開業とか生意気とか、高級店で働いたこともないくせにとか、ナンバーワンでもないくせにとかさ。

なにあのおばさんいつもあんなにキレてんの〜みたいな話も。

風俗業界には脱サラしてデリヘル開業して一攫千金狙った甘い考えのおっさん素人店長なんてわんさかいるじゃねーか。

女がやるとなんで生意気なの?

まぁ言いたい人は言わせておけばいいんだけど、メンタル弱い私だからそりゃ多少悲しくはなるよね。

私は群れることができないタイプだし、叩く相手は大抵女性だから、集団で寄ってたかって塊でかかってくるんだもの。

どうして風俗で働く人ってこんなに足を引っ張りたがる人だらけなんだろう。

少し前に相談メールをくださった風俗嬢さんや最近お会いした風俗嬢さんとかここ最近立て続けに言われた言葉。

「なんでそんなに親切なんですか?他人の足を引っ張り合うことしか考えていない風俗嬢が多い中、そこまで教えてくださるなんて」といって感激されている・・・。

え?私なんてすごくもなんでもない。

困っている人がいたら助ける、相談されたらわかる範囲で答える、当たり前のことじゃないか。

金の亡者、自己中心的な人間ばかりの中で、信頼できる人が身近にいない中で生きているから人として当たり前の親切に久々に出くわし感激しているだけ。

感動されるたびにこの業界がなんだか悲しくなるよ。

なんかツイッター見てても2年前とか、心強い風俗コミュニティになってて、もっと優しい親切な人が多かったように思うんだけどなぁ。

誰かが教えてください!情報求む!って言えば拡散されたり、3つも4つも情報リプがすぐ入っていたり。

お互いに士気を高めあって、風俗未経験層の新規客をどうやって取り込むかとか、デフレ風俗業界の活性化に皆で力を合わせて向上しようって、まぁならないよね。

でもこのブログを通して知り合った風俗嬢さんと常連のお客さんが仲良くしてくださるから、良いんだと言い聞かせて頑張れる。

それが良い悪いではなく、人間関係差し置いてでもお金に貪欲な人間しかいない風俗業界で、ご飯友達の風俗嬢さんも増えたし。

これって相当幸せなことよね。

オフ会で知り合えた同業さんと、アフタヌーンティーに行ったり、納豆食べ放題に行ったり、日頃のご褒美にしゃぶ叙や高級ステーキに行ったり。

今年は風俗嬢忘年会とか、来年の決起会とかやれたらいいなーなんて。

みんな繁忙期の時期にそんなん参加してる場合じゃないかな。

なんか私、風俗嬢なはずなんだけど、自分が全然風俗嬢じゃなくなってて変な感覚。

男性側の悩みや言い分をこの1年聞いて来たから、ツイッターの風俗嬢さんたちの愚痴を眺めていてもあまり共感ができなくなっている自分に戸惑っている。

あぁそれはきっと、男性客はこうだったんだろうなーだから女の子がブチ切れたんだろうなと推測がしやすく、見えるようになってしまった。

クソ客の行動が許されるわけではないのだけれど、重度のコミュ障が招いていると思うと怒りきれない複雑さが見える時がある。

自分の立ち位置がわからなくなってて、そういう意味で孤独を感じる風俗嬢5年目。

フリーランス風俗嬢仲間がほしいかも。

風俗嬢にしかわからないストレス、風俗店スタッフにしかわからない苦労、両方を一人で抱える大変さ、これは個人経営の風俗嬢にしかわからない。

喜びを讃えあえ、傷を舐めあえる仲間の戦士がいなくなった気分。

公私混同しているツイッターの呟きも辞めどきなのかもしれないな。

↓イイネと思ったら・・・
にほんブログ村 大人の生活ブログ 風俗嬢日記(ノンアダルト)へ
↑ポチッと応援お願いします