生きるためにお金を稼ぐが前提としてある話だけれど。

お金が好きで、欲しくて仕事をするのか。

好きなことを仕事にしてお金を稼ぐのか。

お金を得るということで言えば、どちらも同じ。

でも考え方は全然違うので、価値観が合わないということに最近気が付いた。

お金が欲しいから、お金儲けをする、そのための手段は選ばないというタイプの人間。

こういう人と出会うとなんでも金金金で、個人的に正直好きじゃない。

でも株や投資、仮想通貨、中身のない情報商材やセミナー、スカウトマンのような紹介斡旋業などで手取り早くお金儲けをするので、増やすという才能はあると思う。

だから否定はしないけど、そういう仲間の人同士はきっと話が合うのだろうな。

私自身は、最近までは株やFXに興味はあったが、才能がないということに気が付いたので疎遠になってしまった。

こういう話はわかる人同士で、利益を生んでいる人同士でないと恐らく話していてもお互いにつまらないのではないか。

私はつまらなかった。

ある時近づいてきた女性が、「何かお金儲けしましょうよ」なんて言って寄ってきたけどピンとこなかった。

また別のある時、お会いした女性と夢を語り合い、ああしたいこうしたいそれで仕事にできたら良いよね!っていう話をしていた時は本当に楽しかった。

好きなことをしてお金を稼ぐ。

まさに今の私の生き方。

同じような考えの人と話しているととても楽しい。

やりたいこと、好きなこと、やりがいなどを求めそれを貫く。

するといつしか世のため人のためになり、気がつけばお金を稼げるようになっているという後からお金はついて来る思考。

わかりやすい例でいうと、スポーツ選手や特に野球選手といったところだろうか。

だから前者の高額で中身の伴っていない講座に情報商材、自分の欲しい分だけの金額を設定し荒稼ぎ。

ちょっと理解できない。

自分がやってきた事で、汗水流し努力し、実績を積んだり、成功した経験を売るのに安売りをしたくない気持ちならとても分かる。

結果的に本当に必要としている人に自分の経験財産を供給できるわけだから。

それが社会貢献にもつながる。

そんな気がする。

私はそんな考え方が好きだし、そうやってこれからも人に必要とされて生きていきたい。

まだまだ未熟だし小物だけれど、自分の好きなことをやりながら、もっと困っている人を救い、それでお金を頂ける人になりたい。

やりたいことがいっぱい。

古い人間の考え方や価値観がまだ私の中には残っていて、やりたいことだけをやる人生なんて、罰当たりかと思って辛いことや試練にも立ち向かわないといけないのではなんて思っていた時代もある。

けれど病み、落ち込むとこまで落ち込んだら、別にもういいじゃないかと。

好きなことだけやって、好きな人にだけ囲まれて、好きなものだけ食べて生きれたら、サクッと死んでも後悔ない気がする。

嫌なことや我慢強いられることをそこに入れたら、その分やりたいことが後回しになり、少しでも長生きしないと後悔しそう。

痛い思いも、辛い思いも、裏切られた思いも、苦しい思いもたくさんしてきた。

だからもう良いんじゃないかと。

確かに人生における幸せは、アンラッキーがあるからラッキーを感じれる。

アンラッキーがない人生にラッキーだけがあっても、きっと幸せを噛み締めることはないんじゃないかと思う。

それは歩いて行けば、自然と向こうからやってくるのだから別に回避しようとは思わない。

でももう2度と自分から苦労は買わない。

昔の人がよくいう、「若い時の苦労は買ってでもしろ」

もうそういう時代じゃないよね。

そう思うと清々しい。

ということで、これからの残りの人生折り返し地点。

私のやりたいこと大小合わせて書き出してみた。

生きている限り、やりたいこときっとまだまだ増えるはず。

でも後者の5つは相当大変だし、お金もかかる。

だから大きな夢ばかりだと、なかなか実現できなく挫折しそうなので、手が届きそうな小さな夢も加えてみた。

こう見ると割と仕事人間な気もしないではない。

仕事で人に喜ばれることをするのが大好きだ。

趣味のブログが仕事に繋がったように、もっと趣味を生かし仕事につなげられる人になりたい。

元々料理人目指した時の動機も、人に美味しいと言われることの喜びからなろうと決めた。

人一倍承認欲求が強いのだと思う。

風俗という裏の社会で生きている限り、社会に実績は残せないけれど、あと10年くらいはネット界隈で風俗検索したらまんだらブログにヒットする、その位の記録は残してみたい気もするな。

↓イイネと思ったら・・・
にほんブログ村 大人の生活ブログ 風俗嬢日記(ノンアダルト)へ
↑ポチッと応援お願いします