R社 1,847,131円 → 32,566円
T社 211,433円 → 10,000円

家賃  85,000円
パスモ 30,000円
アクアクララ 4,968円
医療ローン45,000円(2回目/10回払)

国民健康保険
住民税
税理士依頼料
事務所家賃

支出計296,464円

この暑さにみんな参ってしまったのか、この時期に閑散期のような静けさを感じちょっと予想外にビビっている。

予約がこんなに静かになったのは初めてで、ちょっと不安になっている。

でも自然現象はどうすることもできないし、なるようにしかならない。

こんな時はすぐに経費削減し、無駄な動きはしないでおとなしくしていよう。

まずは全く反響のなかったバナー広告は解約した。

住民税も払えるときに払っておこうと来月分を今月のうちに支払っておいた。

あとは避けられない、仕方ない出費だ。

バナー広告料5万がなくなっただけで先月よりかなりラク。

繰上げ返済できる手持ち金が約20万ほどあるのだけれど、こんなんじゃ怖くて支払いに回せない。

リボ払い地獄から脱出しないといけないのに、Rは増える一方。

T社は1万ずつの支払いにしているけれど1万円の内訳は7,267円が元本で2,733円が金利手数料。

ぜんぜん減らない。

果てしなく減らない。

5万でもいいから繰上げ返済に回さないとやばいな。

どうにかしないと。

それにしてもこんなに自宅で引きこもる日が多い夏もそうない。

4年前、風俗嬢になる直前の病んだ夏以来ぶりだ。

あの時は何もできず、約3週間ベッドの上で起き上がれずに天井だけをぼーっとみて過ごすという日を送っていた。

でも今は自宅にいてもできることはあるはず。

20代の昼職で脱毛エステティシャンをしていた時、その会社もリスク分散されるように全く違う異業種を経営していた。

脱毛の繁忙期は夏で、冬になると減る。

ラーメン屋は涼しい時はいいが、夏は閑散期。

だからラーメン屋と脱毛サロンという組み合わせで成功したと聞いた。

風俗も飲食店などと同じで、社会情勢や気温、スポーツなどの国際大会など様々なことですぐに影響を受けやすい。

今月のこの気温のせいで、男性の精力減退が私に危機をもたらしている。

こんなに暑かったら風俗行こう婚活しようセックスの練習しようなんて男性も減ってしまう。

男性の性欲で私はご飯が食べれていると書くとなんだか気持ち悪いな。

今の仕事は好きだ。

でも男性の性欲に振り回されない生き方も考えねば。

風俗店の掛け持ちなんてもうリスク分散にもならない。

別の仕事を探さねば。

↓イイネと思ったら・・・
にほんブログ村 大人の生活ブログ 風俗嬢日記(ノンアダルト)へ
↑ポチッと応援お願いします