赤裸々になんでも書いて来たこのブログ。

そんなブログでもまだ書きにくい憂鬱な悩みが残っていた。

ニオイチェックをしてほしいと言ってお客さんが来てくださるのに、人を指摘しておいて自分は治さないなんてそんなわけにはいかない。

1ヶ月約60人前後の接客で、1日10回近くまんこを洗っていたソープ嬢時代はそれほど気になっていなかったのだけれど、最近はその数が1/3にもなると一般人と変わらない程度の洗いになって、さらにばばあになったことで加齢臭が加わり、臭いの強さが気になり初めて来た。

もともと一生お湯に浸かって生きていたいと思うほど自分の体臭と汗の多さは重症に感じる。

思春期の頃、腋臭がバレかけてそのせいで中学生の頃も冷やかしにあった。

耳垢も湿っているし、特に手のひらも足のひらも顔も頭も重度の多汗症で、父も姉も臭いから、私も確実に気のせいではない。

クンニされているとき、まんこからではなく、膝の裏側の方がはるかにしたたりたれるほど汗を大量にかき、ベッドシーツもびっしょりになるのも悩み。

そこに食べ物やストレスの影響で日々まんこのにおいの強さは変化する。

特に私はお菓子やお肉をたくさん食べると臭いが強くなる印象。

コンビニ食やカップ麺なども股間臭を強める原因と言われているので男女問わず気をつけないと。

逆に運動を定期的にして汗をかいていると少し軽減する気がしている。

ワキはデオドラントでどうにか迷惑かけずにいられるけれど、まんこだけはどうにもならない。

ちなみに15年愛用している汗も臭いも完全に止めてくれる私史上最強のデオドラントはこのクリニークのデオドラント。

体臭の強い人が多いアメリカで特許を取っていて、敏感肌の人にも足の裏にもワキにも使える無香料のデオドラント。

ワキはもう15年これで救われている。

ちなみにワキを舐めるフェチがある人は、今すぐやめたほうがいい、塗られた制汗剤を舐めているだけだから。

女性もアラフォーにもなると加齢臭が発するのだから、それに拍車をかけて周りに迷惑をかけているんじゃないかと感じて仕方なかった。

寝ても覚めてもお風呂に入っても接客中もずっと気になってはため息。

普通だったら自己破産の時と同じくらい人に言えない悩みだけど、ここは赤裸々ブログなので記録を書くことにした。

治療ができる時代にこんなことで悩むなんて自律神経の無駄遣いだ。

いつかどこかのタイミングで治療したい、そう思っていた。

本当ならワキから治療したかったけれど、お金がないのでワキはデオドラントでなんとかなってきたからスソガの治療が先だ。

ダウンタイムはどのくらい?

生理中はできない?

手術範囲はどこまで?

色々探すがすそわきがの治療ブログなどや画像を探しても全く出て来ない。

ましてや風俗嬢となると、みんな絶対にひた隠すはず。

けれど、病院の人曰く毎月風俗嬢のすそわきが治療は数名来ているとのこと。

それを考えるとみんな意外と悩んでいるのではと思い私は意を決して写真を残し、書くことにした。

そしてダウンタイムが1番短くて切らない手術方法を受けることにした。

ワキガ手術といえばミラドライをよく見かける中、私が選んだのは川崎中央クリニック。

多汗症のビューホットとニオイ除去のウルセラドライを併せた施術のペアドライ。

かなりの金額なので、医療ローンが通るかどうかで運を任せ。

自己破産経験あり、風俗嬢という条件の悪さで果たして医療ローンが通るのか。

通らなかったら諦めよう、

審査が通ったらもう速攻でお願いしたいと申し込んだところ、麻酔代なども込み込みで、すんなり通った金額461,264円。

これを10回払いで。

この治療は100%完全に治るわけではないけれど。

4月にまんこの周囲にボトックスを打って、汗止めの軽減を期待したけれど(臭いには効かない)結局1週間で効果は切れた。

氷で冷やしただけのまんこに合計30箇所近く注射針を刺すあの痛さ、久々に脂汗が出た。

それなのに1週間しか汗は止まらなかった。

汗が止まれば若干臭いも軽減するかと試したけれど、努力は無駄に終わった。

全身重度の多汗症の酷さ・・・お風呂上がりに股の間から脚を伝って滴りたれるほどの重症。

肘も膝も折りたたむとそこから汗が滴り垂れ落ちびしょびしょになる。

1人接客すると、洗髪後のような汗量で1回1回ドライヤーをかけないといけないほどびっしょりになる髪。

スカートが履けない。

履くと太ももから滴れた汗が足首の方まで伝い滴れてしまうので漏らした人みたいになってしまうから必ずパンツスタイル。

黒い革などの椅子に座ると、立った時に自分の座ったところにまんこの跡が水蒸気の跡のように残るのが本当に恥ずかしい。

などなど重度の多汗症の辛さを語ったら数えきれない。

看護師さんにも質問したら、脚を伝って垂れるのはやはり重度の多汗症ですとのことだった。

もうどこかのタイミングでやらないと。

今、プライベートレッスンにくるお客さんが童貞など女性のまんこを初めて見る人が増えているので、初めて見るまんこがこんなに臭かったらトラウマになってしまうのではないかと思うと日々本当に辛かった。

臭いのを我慢してくれていた仲良しさんにもいつも本当は泣きそうなくらい辛くって。

これで少しはマシになればとの思いで手術を決心した。

スソガで悩む人、特に風俗で働いている人や風俗大好き客は相手を思えば放っておけないし、カップルでも性格の不一致が原因なら仕方ないけれど、スソガが原因で別れることになってしまったら本当に勿体無い。

自分も臭いかもと思う人、どのような治療で痛みや術後の経過などが気になる人も意外とたくさんいるはず。

今回の手術経過記録は場所が場所なだけに、安易に不必要な人には見てもらいたくないので、本当に情報が必要な人にだけ見てもらいたくnoteにて有料記事とさせていただきました。

2週間分の毎日の写真記録と3週間後の経過、本気で悩む方の参考になれば幸いです。

モザイク入れているとはいえ、まんこの画像内出血でグロい部分もあるため、パスワード承認制の記事とさせていただきました。

まずはnoteでパスワードのご購入をお願いいたします。

 


 

 

↓イイネと思ったら・・・
にほんブログ村 大人の生活ブログ 風俗嬢日記(ノンアダルト)へ
↑ポチッと応援お願いします