少し前の言葉を引用。

安倍首相の言った、“みんながもう一歩前に出ることができるような日本に変えていかなければならない――、それが「一億総活躍社会」である”と。

風俗嬢になった人の中には、昼職離脱し繋ぎで働く人もいれば目標額を決めて上がる人もいるけれど、職業風俗嬢として生きる道を選んだ人たちもいる。

年々単価も下がり繁忙期よりも暇な時期の方が多くなっているような気がする風俗業界。

そんな中、一人一人の個性と売りを大事に風俗嬢としてまだまだ稼げる時代であって欲しい。

先日お会いした風俗嬢さんが言った、40歳の壁は大きいと。

40歳を迎えた途端に売り上げ単価がぐっと落ちると。

アラフォーと呼ばれる35歳前後を過ぎたあたりからこの先の稼ぎ方を考えないといけなくなる気がする風俗という仕事。

老体にムチ打つのが辛くなったり、稼ぎが減って講師やセミナーなど教える側に回る人も結構いるはず。

そして度々フリーランス関連のことはブログに書いて来た。

それは自分が理想とする働き方だったから。

目標はできればノマドワーカーになって、世界一周しながらパソコン1つで働くことが夢ではあるけれど。

時代は個人でも活動できる時代。

ブログにツイッター、ユーチューブ、インスタなどなどみんな個人で稼げる時代になった。

フリーランス女子や関連キーワードでググると流行っているのがとてもよく分かる。

今回は若い風俗嬢さんや、稼げている風俗嬢さんにはあまり関係ない話なので回れ右ですね。

何をやっても中途半端で、失敗だらけの人生を送って来た私。

きょうだいでただ1人、結婚すらまともにできず家族内で1人置き去りにされた孤独感。

親には不良品扱いされ、お前だけ育て方を失敗したと言われ。

なんの取り柄もないし、頭も悪い、きっと一生このまま変わらないと思っていた。

でも今の時代そんな欠陥人間でも生きていける術があるからびっくり。

病みをぶつけながら自分と向き合うために書き始めたブログ。

それが今ではプライベートレッスンを行い、男女問わずこんな私でも応援してくれる人がたくさんいるから驚いた。

だからなんの取り柄もないと思っている人、それは絶対じゃないと私が実証できたのだから声を大にして言いたい。

大学も出てないし、文章を書く勉強をしたわけでもない。

よく文章が面白いと褒めてくださる人がいるけれど、自分では冷静に考えていて、決して私は文才があるわけじゃない。

面白いネタに出会えたラッキーだっただけのこと。

それって誰にでも起こりうることを書いているだけであって、私レベルの素人文章なんてゴロゴロいる。

だから得意じゃなくても好きならやっていて苦でないならなんでもやってみるといいと思う。

例えば鬱や美容整形だって立派な情報として売ることができる。

写メ日記だって個人ブログを立ち上げて小売したっていいと思う。

たまに常連さんしか読めない記事とかでパスワードかけてる人も見かけたことあるけれど、それをするくらいなら例えばこの方のブログのように1本1本有料にして応援していただくような感じで小金稼ぎしてみたっていいと思う。

無理してキラキラする必要ない。

アンチなんてわざわざお金払ってまで読まないはずだから、本当のファンで応援してくれる人なら買って読んでもらえるはず。

だってよく思うのが、Twitterですごく良いこと言っていたり貴重なレポを著名人でもないのにリツイートされまくって拡散されるアカウントってフォロワーさんも数万人前後いるのにお金にならないこのもったいなさったらないと思う。

ブロガーさんやライターさんはちゃんと自分の城(ブログ)や本(出版)を持っていて、より多くの人に読んでもらう手段のためにTwitterとインスタをやっている。

自分の承認欲求だけは満たされてもお金にはならないTwitterだけで生きている人は世界が狭くなってしまうし本当にもったいない。

私もまさかブログがアフィリエイトとかでもなく、稼ぐ別の道を切り拓くことができたので予想外に驚いている。

ライター業が人気で流行っているけれど、物を書いてお金を頂く生活ができるのはほんの一握りの人間で、物を書いてそれで集客し収入を得ることは誰にでもできる。

写メ日記を書いている風俗嬢さんなら分かると思う。

つまらないCM、くだらない広告、それって本当に必要?みたいな新製品。

会社規模の大きなことはもう飽和状態でなかなか目新しいことを産むのが難しくなっているように思うけれど、個人レベルで稼ぐ新しいことはまだまだたくさん可能性が眠っていると思う。

個人でやっている教室、講座、ワークショップなどを繋いでくれるストリートアカデミーも需要が上がっている。

以前何度か利用したことがあるけれど、ここで教えている講師らもフリーランス。

数年前に比べてレッスンの種類がすごく増えた印象。

ニッチな発想でも需要があるからこそ。

実際にSEXレッスンだってやっている人はほぼ皆無に近い。

数千万円規模で始めるリスクの高いことではなく、数十万円や数百万円のビジネスなら1人でも十分やっていける。

そういうビジネスがまだまだたくさんあるはず。

プライベートな時間を有意義に使いたい人や満員電車や人混みが苦手な人にも向いているライフスタイルだと思う。

ずっと中学生の頃からお店を持ちたいやりたいと思っていて、よくまだ誰もやっていないような面白いビジネスを思いつくのだけれど、いつもお金がないことに直面し実現に至らずお金のない社会的信用のなさに惨めな思いをして来た。

それでは一向に何も始まらない。

ならば初期費用かからずに始められるビジネスをやるまでだ。

私が通う美容師さんは10年以上の付き合いだけれど、1年前に独立し、自分のお店を持った。

でも誰も雇わず1人で全てをこなしている。

電話応対もシャンプーもカットもパーマも。

いつ行っても貸切のようでVIP気分に浸れてとても気持ちがいい。

実家近くで通っていた歯医者さんもそうだった。

電話応対も宅急便が来ても、レントゲンも治療も全部先生1人でこなしていて、電話が鳴ると口を開けたまま放置されることもあったけれど、安くて上手な治療なら患者さんはやってくる。

絶対に人を使わないとできないなんてことはないし、初期費用をかけなくても始められることもある。

固定観念にとらわれず、発想の転換と柔軟な頭が大事だとこの半年ですごく学んだ。

それにもし稼げなければ人を使っていない分、誰にも迷惑かけず3ヶ月で辞めても借金も背負わずに人生やり直せる。

健全なデリバリーのマッサージの仕事をやりながら風俗嬢をやっている人もいた。

宣伝は別に広告料をかけなくても全て自分からSNS発信。

それで1人で生きていくには十分の安定した額稼げている。

頑張ったら頑張った分全て自分に返ってくるやりがいがあって、ある程度お客様も選べるからストレスもほぼない。

出勤日数も減ったので有意義に使える日も増え、完全予約制だから待機時間もゼロ。

ちんこの本数は吉原激安ソープ時代より1/3にも1/4にもなったのに、収入は月15万近くアップした。

性病リスクも減って、こんないいビジネススタイルはなかなかない。

だからこそフリーで活動し、風俗嬢+αの働き方をしている方が増えたらいいのにと思う。

仕事ができない使えない三流の風俗店のオーナーに渋々頼り、イライラしながらいつまで働く?

自分が頑張った分だけ全額報酬になる。

風俗で遊んでいる人たちの層がもう一定数で、散々遊んで来た人たちの中には勃たなくなれば風俗遊びも卒業するのみ。

いまの若い人やまだ1度も風俗で遊んだことがない男性たちの目に触れる宣伝をしていかないと、風俗の未来は先細りだ。

いくら今の若者がお金が無いと言われていても、本当に必要だと思えばお金は出すはず。

現にレッスンには無職の大学生や、新卒就職前の若者など、風俗未経験の人たちも来てくれているのは彼らが自分に必要だと思ったからのはず。

稼げないからよりハードなプレイに性病のリスクを高めながら働くのではなく、自分の売りを十二分に発揮し、個性をアピールしていくことが大事なんだととても思う。

口内発射もアナルファックもできないデリヘル嬢だったし、ソープやっても即尺即即、ノースキンもできない私。

その上、太っているおばさんだから面接も落とされまくり。

熟女だけなら需要はあるけれど、さらに太っているとなるとお店の人がなかなかすすめてくれなくなる。

でも嘘偽りなく、ありのままの自分でも需要はある。

長くなったけれど、今日の記事が少しでも何か風俗嬢さんのプラスαの稼ぎ方へのヒントとなり、どんな些細なことでも自分の個性と売りに繋がるという発見に繋がればいいなと熱を込めてみた。

そしてみんなが総活躍でき、アラフォーになっても安定してがっつり稼げる風俗嬢さんらであふれますよーに!!

私も今年はさらに月収平均が+20万アップを目標に頑張るぞー!

↓イイネと思ったら・・・
にほんブログ村 大人の生活ブログ 風俗嬢日記(ノンアダルト)へ
↑ポチッと応援お願いします