デブ専のデリヘルで働いていた時、女性のプロフィール欄に攻めと受けどちらのタイプか書かれていると、大抵受け身が多かった。

風俗嬢は比較的負傷しやすくなるので攻められたくないという人が多いのに、デブ風俗嬢は受け身を好む。

なぜか。

動くのが億劫だから。

もちろん全員がではない。

ただ、デブの仕組みは、普段あまり動かないから太るし、太ってきたから動きたくもなくなるもの。

一般的な風俗店に比べ、デブ専の集客率も低いから風俗嬢の1日の仕事本数からしてもあまり負傷しにくい。

むしろお茶を引きやすいため、欲求不満なために自分から騎乗位で乗っかってしまう風俗嬢もいた。

マグロの風俗嬢こそクソ客がよく使う言葉がよく似合う。

“ラクして、気持ち良くさせてもらって、お金までもらえていいね。”

同じような接客をしていたのではリピーターは掴めないとその時に思った。

だからせめて動けるデブを目指そうと。

化粧が取れるほど汗だくになりながらもたくさん攻めに徹した。

まぁその分食欲を減らした訳ではないので、痩せはしなかったが。

1度動くことをやめると、どんどん太る。

去年ダイエットで7キロ痩せた後、運動と食事制限をやめて半年で7キロのリバウンドをしたから本当によくわかる。

今は7キロダイエットして半年経つが、食事制限はやめてしまったけど運動はやめていないのでなんとか調節しながらもそんなにリバウンドしていない。

食事制限をしないことには痩せないとわかっていても、運動をやめない限りリバウンドはしないんだ。

少しづつ、燃えやすい身体になってきているってことか。

ということは、動くことはやめちゃいけないんだ。

逆の男性も同様。

肉付きのいい男性は攻めが苦手。

特に腕に力がない人は、正常位中にプルプル揺れている腕の振動が顔の横でとても気になる。

そして太ったお客さんは、太った風俗嬢同様に完全なるマグロ率が高い。

あまり動けないし、自分の体を支えられないし、騎乗位でしか挿入が難しくなるからだ。

別にそれが悪い訳じゃない。

私だってダイエットができない人間。

SEXのために痩せろとは言わない。

ただせめて筋力はつけたほうがいいと思う。

お相撲さんだって、ただのデブじゃない。

相撲以外にも筋トレもしている。

せめて自分の身体を支え、正常位がプルプルしないでできるようになってほしい。

太っている人は、腕の力を使わずにラクして女性の攻めをしようする人も多い。

添い寝の形で手マン。

風俗嬢相手ならまぁそれでもいいと思うけれど、彼女とのSEXで自分のちんこは舐めてもらうくせに、彼氏が毎回横に来て添い寝の形で手マンの攻めしかしてくれなかったらセックスレスまっしぐらの可能性大。

添い寝手マンからの騎乗位しかやらない手抜きSEXになっているそこの男性、無理は言わない。

せめてまずはプランクチャレンジから始めてみよう。

勃起力や勃ちがイマイチになって来て悩んでいる方にはスクワットチャレンジを。

本当に効果があるかは不明だけれど、やらないよりは先ずはなんでも挑戦。

仲良しのおじさんでも今実験中というか、将来長くSEX人生を楽しみたいために毎日毎日スクワットをやってくれている。

ちんこは筋肉でも脂肪でもないけれど、なぜか不思議なことに長年巨漢だった人の勃起力の高いちんこは少ないように思う。

しかも比較的短小傾向にもある。

血流の問題か?

逆に運動して引き締まったマッチョ男性にフニャちんこはあまり見かけない気がする。

女性にかっこいいところを見せたいとか、自分のSEXライフを少しでも改善したいのなら、筋トレをしよう。

デブの私がいうのもおかしな話だけれど、大して痩せれてなくても筋トレして体幹が付いて来て以前よりSEX体力がついて実感したからこそ言える。

69中、自分の身体を支えることすら5分と持たなかった私。

座位の体勢時にヒョイっと女性を動かせる男性、かっこいいと思うぞ。

↓イイネと思ったら・・・
にほんブログ村 大人の生活ブログ 風俗嬢日記(ノンアダルト)へ
↑ポチッと応援お願いします