事実と異なることを、有る事無い事言いふらすのは悪口。

wikiにも書かれていた。

“根拠もなく言葉によって他人の名誉などを傷つける行為”

これはもちろんやってはいけないこと。

そんなことを言いふらす人とは誰も友達ではいたくないと思う。

悪口が事実だった場合は?

自分がされたことならば、言いふらすのではなく、聞かれたり友人になら私は言う。

でもその話した相手が、悪口の相手とも親しかったりした場合は信用ならない。

一体どういう神経しているのかと思ってしまう。

Bさんは「曼荼羅の知り合いのAさんはどういう人?最近私にも話しかけてくるからなんか八方美人で警戒しちゃう」と言っておいて。

「私は誰とでも誰にでもニコニコ良い顔して、何も知らないみたいな顔しながら実は裏でみんなのことなんでも把握してますみたいに見えるし、ぐいぐい近づいてくるので信用していないです」とは言った。

その後2人は仲良しに発展。

ネガティブな印象しか持っていなかった私に聞くなよ。

似た者同士だったってことか。

私がよく思っていなかったこと、伝わってそうだな。

よくあること。

まぁいいけど。

私が絶交した人とも仲良くしている人には心は開けない。

だって普通に考えて、親しくしているとはいえDさんに絶交したEさんの愚痴を言って、DさんはEさんに私が言ったことを筒抜けに伝えていない保証はない。

誰と付き合おうがそれは本人の自由。

ただ私的信頼できる友人とは、自分が嫌う相手と親しくない人である。

自己中心的且つ、わがままな考え方かもしれないけれど、揉めたり嫌だなと思った相手とも仲良い友人はいらないんだよね。

嫌いだから話題にも聞きたくないし、それでも話題に上がりやすい。

毎度毎度いつまでもそんな話は聞きたくない。

早く忘れたい。

だから誰とでも仲良く八方美人な人はそれが許せる人と付き合ったらいい。

私には無理だ。

私は自分が感じた、された事実の悪口は言う。

共感してくれなくてもいい、ただそれを聞いて「そうなんだ、大変だったね」と理解を示してくれる友人は嬉しい。

だけれど、悪口の相手とも親しい人とは親しくしたくない。

本人は板挟みで困っちゃうとか思ってそうな人もいたけれど、一歩間違えれば揉ませ屋にだってなりうる。

そんな危険人物とは親しくしたくない。

まるで子供の喧嘩みたいだな。

あなたは一体どっちにつくのよ!どっちの味方なのよ!みたいな。

そこまでは言わない。

自分を選べなんて言えるわけがないし。

誰と仲良くしようがどっちと仲良くしようが本人の自由だ。

でもそこまで我慢して話す内容に気を使う相手となんて食事もしたくない。

曼荼羅を選んであげたのだからあなたも私の親友になりなさいみたいな展開になってもゾッとするし。

そんなこと言っているからいつまでたっても友達らしい友達も増えないし、独りなのかもな。

↓イイネと思ったら・・・
にほんブログ村 大人の生活ブログ 風俗嬢日記(ノンアダルト)へ
↑ポチッと応援お願いします