昨日の記事新橋トラストクリニックの反響が結構あったので、参考までに私がわかる範囲での続きを備忘録しておく。

ちなみに東京以外にも安くプラセンタが打てるクリニックがまとめられているサイトを発見。

注意事項などを含め、とてもわかりやすいのでオススメ。

トラストクリニックはあまり中は病院っぽくないクリニックで、1番最初の初診時だけ簡単な説明を医師からされるのみ。

初診料は失念。

2回目以降の美容の点滴や注射は、診察券を出して希望の注射などを受付で伝えたらお会計を先に行い、注射をしてそのまま終了という10分ぐらいの流れ作業的なやりとりでスムーズ。

狭い受付がほぼ椅子なしで、立ったまま待つのだけれど、17時も過ぎるとひどい時は満員電車のような密度に近い混雑ぶり。

それでも注射ならそんなに待たないで即終了。

本当に有り難い。

先日行った時はたまたま空いていたので、試しに美白関連の薬を処方してもらおうとお願いしてみた。

美容整形外科に勤める友人に以前教えてもらって、ユベラとシナールとトラネキサム酸は一緒に摂取するとより美白効果が得られると聞いて去年は飲み始めて2週間から効果を実感したので、今回もその3種類でお願いした。

薬の処方は初めてなので、診察が必要とのこと。

実際は薬の飲み方の説明だけで3分くらいで診察もさらりと終了。

診察が終わり、プラセンタの注射をして、地下1階に処方箋薬を受け取る棚があるので、薬剤師さんからの説明などはなく自分の名前の紙を見つけたらカゴからセルフサービスで薬を受け取る珍しいけど効率の良いシステム。

薬局に行かず、同じクリニック内でお薬を受け取れるのは有り難い。

そして今回トラネキサム酸は1日2錠、ユベラのジェネリックでトコフェロールニコチン酸エステルカプセルを1日3錠、シナール(これのみ自費診療)100錠で、各1ヶ月分のお薬を頂いて、2,510円。

注射はプラセンタ3本と今回はビオチンを付けて、1,250円で合計3,760円也。

本当に安いと思う。

自費診療は診察料は原則いただいておりませんとも記載がある。

注射や点滴のみで帰れば2回目以降の診察はないし。

薬類が不思議なほど安いのも女性や特に風俗嬢には有り難い。

ちなみにモーニングアフターピルも2,590円の破格じゃないか?

会計所で確認したところ、これは自費診療だから診察料もかからない。

上記内の他のピルも自費診療のページにあるので、診察料はかからないと思われる。

この値段なら、ピルを飲まない風俗嬢には緊急用にアフターピルを持っていてもいいかもしれない。

ホームページに記載されている薬以外にもクリニックに行くと、まるで予備校みたいに壁一面に紙が貼られ、美容系などの薬の説明や料金が書かれている。

喉を痛めやすい人は、市販のペラックT錠を買わずにここでトラネキサム酸をまとめてストックしておいたら安いし安心だという使い方もできる。

合う合わない、効く効かないもあると思うので、まずはプラセンタの注射1本500円から試してみてもいいかもしれない。

クリニックに置いてあったチラシ。

喘息、疲労回復とやる気の喚起だけでも私的には効果が出たら有り難い。

今回プラセンタ効果を再度認識させるアドバイスをくださった読者さまのメッセージに救われました。

本当にありがとう。

↓イイネと思ったら・・・
にほんブログ村 大人の生活ブログ 風俗嬢日記(ノンアダルト)へ
↑ポチッと応援お願いします