Twitterを去年からやられていた方はご存知の方もいるかもしれない。

いろんな方にアドバイスをいただいたり励まして頂いて、私はこのブログやTwitterで出会った方々に救われた。

その前は新潟の出稼ぎ先で会った出稼ぎのおばさんに爆サイで書かれる嫌がらせ。

なす統べなく、泣き寝入りしている人も大勢いるのが現状。

ストーカー規制法も改正されたことだし、ブログやツイッターなどで繰り返しメッセージを送ることが規制の対象になった。

このブログにはストーカー行為に近いことをする男性がたまに現れる。

去年もブログにコメントを連投してきていた男性、Twitterで絡むわけでもなくフォローは私のみという不気味なアカウントで張り付いて、新潟の私の出稼ぎ先を見つけたと思ったら、いきなり写メ日記宛に『やっと見つけた』とだけメッセージを送ってきた。

それも明け方の5時に。

背筋が凍った。

そして昨日の朝もまたしつこいストーカー行為にも取れる発言をしてきた男性がいた。

もう1度言うが、ブログに繰り返ししつこくメッセージを送る行為は、相手が恐怖や迷惑だと思えばそれは立派な犯罪になりうる。

自分に何かあった時のための備忘録と、ちょうど今トラブルに見舞われている方に少しでも参考になればと思い書くことにした。

去年秋、Twitterにいる風俗嬢さんに嫌がらせをされて、私の働くお店の情報や源氏名、ツイッターアカウントやブログ情報とともに貼りつけられた。

ネットに疎い私は全く気が付かず、このブログの異常なアクセス数でも気が付かなかった。

数週間後にこのブログの読者の男性が親切にもメールで教えてくださってそして知った。

初めてここまでの悪意に満ちた嫌がらせ。

その時はかなり動揺もした。

しかも誰かに嫌がらせをした心当たりも全くないのに、Twitterの捨てアカウントでこんなメッセージまで送りつけてきた。

目に見えない相手からの嫌がらせにすごくショックで頭がおかしくなりかけた。

面識のあるわりと仲良くしていた風俗嬢さんたちは、2つに分かれた。

知らん顔したまま関わりたくないからとフェードアウトしていく人、大丈夫?と会って慰めてくれた人。

そしてある方からの一言でハッとした。

たくさんの女の子が掲示板で誹謗中傷、同じような目にあっているから、落ち着いたらこのブログを通し自分が体験した記録を残しておくことで救われる人がいるかもしないと。

誰かが救われるかどうかはわからないが、せっかく1000人以上を超す風俗嬢さんたちとTwitterで情報交換しあい得た情報。

書かないのは勿体ない。

みんなと共有したいし、誰かがネット検索した時に、たまたまこのページにヒットした人に必要な情報を得てもらえたら本望だ。

掲示板の大半は、誰が書いたかなんて推測したところで真相はわからない。

​慎重で警戒心の強い子は、絞り込めるようにお客さんには全員にでたらめな情報をバラバラに教えるという人もいる。

相談に乗ってくれた子の中に、個人情報を載せられたので弁護士を雇い特定したら、信頼していて1番仲良くしていた同じお店の女の子に書かれていたという子もいた。

そこでまず私がとった行動。

法テラス
無料弁護士相談。
これは月の収入が約20万円以下の人でないと利用できないので、要確認。

私の収入ではオーバーしてしまうので断念。

弁護士ドットコム

この項目の中から進み、ネットストーカーに強い弁護士さんを探した。

ところがとにかく最悪だった。

電話してもなかなか通じなかったり、たまたま選んだ弁護士さんが悪かったのだろうけれど、電話口では予約に関すること以外は何も話しませんというスタイル。

こういう内容でも取り合ってもらえるかという質問をしても、30分の有料相談の予約してからにしてくださいというスタンスで、一切質問には答えてもらえず、金金主義の感じの悪さにキレて電話を切った。

なんだ弁護士が増えすぎて溢れているなんて嘘じゃないか?

こんな強気な態度をとるなんて、大繁盛じゃないか。

次にかけた弁護士事務所も繋がらず、折り返しの電話は弁護士さんではなく電話応対の事務のおじさん。

法律の知識は一切なさそうで、今までにかかって来た電話の受け答えだけの経験で無責任なアドバイスをくれた。

弁護士に相談する前に警察に相談しろと。

そこで、

サイバー警察

サイバーというからにはネットに強そうなのに、この役にも立たないよくある質問のへっぼいホームページ。

警察庁が作るサイトかよ。

警視庁のサイバー犯罪課に電話しても音声ガイダンスばかりで全然電話がつながらない。

総合案内の#9110にかけても結局サイバー犯罪課に電話してくれで終わり。

頭に来たから110番してみた。

結局サイバー犯罪課の電話番号を言われて、同じたらい回しにされただけで無意味だった。

➃最寄りの管轄の警察署へも出向いた。

取調室みたいな部屋に入れられて、刑事みたいな人と向かい合わせ話、横には立ったまま聞いている私服警官とお巡りさんが4人くらい囲う。

ほんと警察はデリカシーがない。

威圧的なお巡りさんの制服。

誹謗中傷の書かれた証拠をプリントアウトし、全て説明。

風俗嬢であることもお店も源氏名も全部。

その横で警察官がネットで検索。

私の実際のページを見ている様子。

恥ずかしさと、まるで私が悪いことをしているかのような聞き方に涙が出てきた。

早くここから立ち去りたい気分になった。

このレベルの相談でもきつかったのに、これは痴漢やレイプなど性犯罪にあった被害者は相当辛いだろうな。

そして警察の結論は、個人を特定されているものは1つもないし、脅迫もないから被害届を出すことも難しいということ。

ここでハッとした。

たしかにお店の名前を晒されようがブログを晒されようが、本名や自宅を晒されているわけではない。

しかも何も被害もないんだ。

威圧的な警察に嫌気はさしたが、なんかここまで調べたからなんだかスッキリしてきた。

➄この後は、念のためいざ何かあった時のために調べ、かかりつけ用にしようと一応弁護士さん数名にメール相談。

1つ目は、検索で出てきた風俗嬢や水商売でネットの誹謗中傷に強いと書いてあった弁護士事務所。
記録したものを紛失してしまい、事務所名などが思い出せないが、とにかく値段がべらぼうに高く投稿者特定で80万円と言われたのと、対応が酷かった。
電話口の男性がスカウトマンレベルのチャラい喋り方で、値段も把握しておらず、質問するたびに電話を保留にする無能っぷり。
値段の高さからも不安でしかなく、即却下。

2つ目は、ホスラブ広告に出ていた弁護士事務所。
翌日のには直接電話がかかってきたので対応の速さは普通。
値段は電話口で口頭だったので、あまり覚えていないが確かレスの削除で15万円ほどと言われ、1つ目のところよりは安かった記憶。

3つ目は、実際にTwitterで相談に乗ってくれていた風俗嬢さんが訴訟で勝訴し賠償金100万円まで取り、弁護士費用もまかなえたという弁護士さん。

彼女はお客さんに個人情報を信用審査機関だかどこかで買われて、大学名から本名すべて掲示板に書き込まれての相談だったそう。

自分でとことん調べて、ネット被害に強い弁護士さんの本を読み漁り、辿り着いた弁護士さんで対応も早く良かったそうだ。

多少不安だったのは、全てやりとりはメールで最後まで直接会ったことはなかったのだそう。

でもきちんと仕事をして勝訴して賠償金まで取ってくれるのなら全然問題じゃない。

実際に私もメールで問い合わせてみたが、1番迅速に返信が来て親身に答えてくれて、どの弁護士さんの中でも断トツな対応能力だった。

しかも、値段が今まで相談した中でも安かった記憶。

保存していたメールの返信の抜粋。
 

特定するためには,以下の2つのステップを経る必要があります。
➀サイト管理者にIPアドレス等の開示を請求し,開示をしてもらう。
➁開示されたIPアドレス等の情報をもとに,プロバイダに対して
契約者の情報を開示してもらう。
いずれについても,基本的には裁判が必要で
➀について,着手金25万円~(対象の個数によります。)(税別,実費別),
➁について,1プロバイダ25万円(税別,実費別)
時間的には,
➀について1~2か月程度,②について4~7か月程度が
それぞれかかります。

と言うことだった。

長くなってしまったけれど、最後にまとめたいこと。

まず個人情報と言うのは、1つの情報では個人情報にはならない。

例えば名前。

名前だけでは同姓同名なんてわんさかいる。

ところが、名前+住所=個人情報。

2つ合わさって初めて個人情報となってしまうのだ。

なので源氏名ではなく、本名と住所もしくは電話番号など2つの情報が晒されたのならすぐに弁護士さんに相談しよう。

相手が特定できて勝訴できれば黒字解決できるのなら、みんなじゃんじゃん相談した方がいい。

掲示板で、Twitterで裏アカウントなんて作ってお客の悪口言ってるよと、アカウント名を晒されたくらいじゃ何もできない。

でもぶっちゃけね、地方はわからないけれど東京なんて風俗嬢だらけ人間だらけ。

もし個人情報晒されたら嫌かもしれないけれど、ほとんど何も起こらないから。

実際に辞めた店の店長に、個人情報を晒された元風俗嬢さんは半年も気が付かなかったけれど何も起こらなかったそう。

掲示板に書かれた情報、今どき誰が信じる?

憂さ晴らしで低知能の人間が書いたものを。

もし信じたとしても、それ以上にアクションを起こす犯罪者なんて一握り。

あまり敏感になりすぎて精神病まないでほしい。

確かに掲示板にさらされて以降、1日100人以上が掲示板からここに流入しているのが管理画面でわかるのだけれど、実際変な掲示板を立てられても営業妨害にもあっていないし、何も不自由なく生きている私。

むしろ炎上商法万歳くらいの気持ちで、このブログを広めてくれた人に感謝している。

ブスとかデブとかレベルで悩んでいる人は、誹謗中傷にも当たらないし時間の無駄だし、くだらないからそんなもの見るのは今すぐ止めよう。

病むだけで、何にもいいことなんてない。

そんなくだらないもの見る暇があったら、美味しいお店屋さんでも調べるとか本でも読んだほうが余程ハッピーになれると思う。

私も何度も叩かれて動揺したから気持ちはわかる。

もし殺すレベルの脅迫言葉を見つけてしまったら、それは明らかに犯罪だからすぐに弁護士さんに相談してみよう。

投稿者特定と削除依頼はものすごく時間がかかる。

だから自分でもできる初歩的な対応。

効果があるかどうかはわからないけれど、私はこれでしばらく掲示板が静かになったことがある。

まず自分のことが叩かれたとする。

『曼荼羅、でぶす』

その下に、投稿制限がかかるまでひたすらくだらないことを連投するというだけ。

『うんこ』
『うんこ』
『うんこ』
『うんこ』
『うんこ』
『うんこ』
『うんこ』
『うんこ』
『うんこ』
『うんこ』
『うんこ』
『うんこ』

こんな感じ。

多分見かけたこともある人、いると思う。

前後の人と会話のやりとりで悪口を言い合うから楽しくなって暴走する掲示板。

何ページにもわたってこんなこと書いてあると、あほらしくなってさかのぼってまで見る人は少ない。

絶対に効果があるとは言い切れないけれど、でもとりあえず見てしまって病んだらこの手を使ってみるのもいいかも。

実際にこれを代理で投稿してくれる業者さんもあるのだそう。

最後にもう1度言う、掲示板なんて見ないこと。

見たところで病むだけ。

大半の人が叩かれても実生活で支障なんてほとんどないと思う。

全然まとまっていないけれど、ブログ史上最長文の記事になってしまった。

追記
誹謗中傷・風評被害対策センターというところにて料金の詳細を簡単に聞いた。

個人特定
・着手金250,000円
・開示作業300,000円
・供託金30,000円

スレッド削除のみ 150,000円

上記の金額以外にも費用はかかるらしいのでご注意を。

もし弁護士さんに相談したり等、調べている方がいたら、高いか安いかの判断目安の材料にしていただければと思う。

↓イイネと思ったら・・・

↑ポチッと応援お願いします