掛け持ちすべて合わせて先月お仕事した日数は18日間。

そのうちお茶日引きは1日。

お仕事本数は55本。

331,500円なり。

日割りにすると18,416円かと思うと酷い・・・。

酷すぎる・・・。

このままじゃ12月の繁忙期にもあやかれない。

吉原ソープのビギナーズラックというか、新人は優先的に付けてくれるラッキーは2週間ほどで終わった。

その間に本指名を自分で捕まえないと生き残れない。

薄々はわかっていたので必死で本指名を捕まえていた。

ブログを始めたり、営業用の携帯電話を買ったり、名刺を自分で作成したり・・・。

ところがショッキングな話を待機中の女性やお客さんから立て続けに聞いてしまった。

お客さんをお店側が誰に付けるかと操作している話と、部屋が空いてないとお客さんを断って帰してしまう話。

2度目のリピートに私を本指名しに来てくださっているのに他の女の子をごり押しですすめられた話。

どんなに頑張って本指名を捕まえたところで、お店はランキングに入っている古株のお姉さんたちが優先でメイン。

毎日毎日暇して待機しているのに、お部屋が埋まっていると本指名のお客さんも帰されてしまうなんてあり得なさすぎ。

そんな話をお客さんから聞いてしまった。

静岡からわざわざ会いに来たのに、部屋が空いてないからって断られたんで先月は諦めて帰ったんだよと。

そんな時も私は激ヒマで待機していた。

必死で本指名を捕まえるために頑張っていることが水の泡。

いったいまる一日なんのために出勤して待機しているのかわからない。

ベテラン嬢の予約が途切れたらその隙間に部屋を貸していただく。

なんと効率の悪い。

この不平等さが悔しい。

でも長く働いている人に長さは敵わない。

一体どうやったら部屋を使わせてもらえるようになるのか。

もうランキングインするしかない。

でも部屋が空かないのだからどうやって数をこなすんだよ。

だから結局新人が自力の努力だけでは部屋を分け与えてもらえないということだ。

お客さんも結局お店の人が操作して先に上がる子から順番に1本ずつ平等に付けている。

お茶をひかないように平等にしてはくれているのだろうけれど、10時間も出勤しても結局上がる2時間くらい前に仕事を与えられる。

それまで6時間以上もずーっと待機。

なんて無駄な生き方をしているんだろうか。

暇で稼げないお店がたくさん溢れている中、お客さんと嬢が多すぎて部屋が足りなくて稼げないなんて。

嬢も店も飽和状態の東京で、こんなことがあるのか。

忙しくても部屋がなきゃ12月も結局稼げない。

そんな不安なことはない。

なんだかんだやっぱり出稼ぎが1番なんだろうか。

いや、痩せればもう少しマシな店にいけるんだろう。

自業自得。

わかっている。

わかっているけど、わかっているけれどさ・・・。

↓イイネと思ったら・・・
にほんブログ村 大人の生活ブログ 風俗嬢日記(ノンアダルト)へ
↑ポチッとお願いします