10月なんとか約40万稼げた。

9月の厳しさから抜け出せて、なんとか頑張れた。

先週の1週間の売上は137,500円なり。

ネット指名8本
写真指名6本
本指名5本

本指名数がなかなか順調に増えてきている。

2週間で3回も来てくださっているおじいちゃんもいるのでありがたい。

メインがショートばかりの激安店なのに、初対面から120分コースを利用してくれる人がいてありがたかった。

初対面なのにいきなりロングコースは結構不安だし緊張するけれど、女性に対してこだわりが薄いというか好みがうるさくない寛大な方が多い気がする。

じゃなかったら初対面からロングコースなんて取ろうと思わないもんな。

その代わりこだわりが薄い分、リピートも取りにくい気がする。

そして意外なことに、ヘルス勤務よりもソープメインの生活の今が1番健康的な生活をしている気がする。

ヘルスは良くも悪くも、お店もあまりうるさくなかったから当日出勤したくなったり当欠したくなってもゆるゆるできてしまう。

ソープは出勤管理がしっかりされているし事前予約が入りやすいから、当欠しにくい。

1度休みグセが付くとダラダラしてしまうので、適度に管理されている感が私にはなんともちょうどいい。

デリヘルみたいに昼間は静かで夜に動き始めてとか深夜の酔っ払い利用者も無いし、午前中からお客さんが来店しているのでお店の忙しい時間に合わせて出勤しなくていいのが本当に嬉しい。

Twitterもやめたから携帯に張り付く時間も減り有意義な時間も増え、0時を過ぎると眠くなり9時には起きて簡単なお弁当まで用意して出勤。

ジムに通う時間が確保できていないけれど、朝も帰宅後も適度にゆったりとしたくつろぎの時間を均等に取れている。

デリヘルの時は昼に起きて、夕方出勤して朝4時頃寝るという不摂生ぶりだった。

だから今とっても健康的な生活をしている。

まんこ以外はすこぶる元気。

ヘルスで働くよりもよほどソープのほうが健全。

生のまま、ちんこをまんこに擦りつけてくる不衛生な人もほぼいないし。

ゴムをつけて挿入できるから、男性は生ちんこをこちらの肌に擦りつけて先っぽだけ~とか言って我慢汁でぬるぬる興奮させる必要もない。

ヘルスよりも覚悟がいる仕事だと思っていた。

世間的に見てもきっと、ピンサロ<ヘルス<ソープ と料金が上がるにつれて仕事の闇へ堕ちていくと思われていると思う。

まんこを使いたくない、入れたくないと思うからこそ。

頑なにまんこを使いたくないと思えば思うほど、衛生面からは遠のく覚悟がいると思う。

どちらをとるか。

汚いちんこをしゃぶりすぎて喉の性病リスクが高いピンサロ。

生で我慢汁たっぷりのちんこを擦りつけてくるヘルス。

ゴムを付けてサクッと挿入して終われるソープ。

仕事はよりハードで怖いと思うかもしれない。

私もそう思っていた。

去年、ソープ体入して合わなくて帰ってきたこともあるから。

独特の雰囲気に慣れるまでたしかに時間はかかる。

今4ヵ所のソープをみてわかった。

当たり前だけれど、お店によって本当に全然違うこと。

去年1か所見ただけで、あぁ自分には合わないなんて思っちゃいけなかった。

自分に合うお店に出会えたら、ヘルスより私は働きやすいと思えるところまで来た。

3年目の風俗嬢だから、慣れ過ぎて感覚がマヒでもしているか?

たしかにそれもあるかもしれない。

でも今週もつくづく思う。

もっと早くソープで働いていればよかった。

↓イイネと思ったら・・・
にほんブログ村 大人の生活ブログ 風俗嬢日記(ノンアダルト)へ
↑ポチッとお願いします