20代以来ぶり、久々の泣き歌。

ふと、なんとなくYouTubeで聴いてたら思わず涙が出てしまった。

「遠くで汽笛を聞きながら」

うーん、いい歌。

歌の歌詞って自分の心境につい置き換えて、ピタッと重なってしまうと泣けてしまう。

不思議なもんだな。

“忘れられる時が来るまで心を閉じたまま”

なんて聴くと、風俗を上がるまでは友人や家族と距離を置き、心を閉ざしていようと思っていた孤独な気持ちがこみ上げてくる。

“何もいいことがなかったこの街で”

なんてフレーズを聴くと、シェアハウスで過ごしたどん底の1年8か月を思い出してしまう。

たまには思いっきり涙を流して心のデトックス。

この歌に完全今の自分を重ねてしまってる。

同じ都内の実家にも帰らず、孤独な年末年始。

自分で選んだ道。

独り寂しく、この歌を聴きながら年越すかな。

↓これでも一応
にほんブログ村 大人の生活ブログ 風俗嬢日記(ノンアダルト)へ
にほんブログ村