突然運転手さんが携帯を私に渡してきた。

え?

代わってみると、相手は女性で日本語。

「はじめまして。私は〇〇(運転手さんの名前)の友達のいとこにあたり、日本で通訳の仕事をしています。今ちょどスリランカに帰ってきていて、お話は聞きました。占いできる先生を紹介しますのでよければうちに来てください」と。

運転手さん!!

やるじゃないか!

しかもアーユルヴェーダの施設から車で20分もかからない同じ村。

お家に着き、出てきたのはとっても綺麗な女性。

会った瞬間、思わず「なんて綺麗な人!」と言ってしまったくらい。

日本人のある格闘家の方に惚れこまれ、今年結婚したばかりだとか。

それくらい綺麗な人だった。

そして、運転手さんとそのお友達とそのいとこの美人女性さんとを巻き込み私の占いのために4人で回って下さった。

自分の予定をキャンセルして、占いの通訳までして下さったのに、チップすらも請求しない。

途中で占いの先生が帰宅するまで彼女の友人で高校で日本語を教えていると言う方のお宅にも寄らせてただいた。

見返りを期待して親切をすることが嫌いらしい。

途中彼女が日本語を教えている先生のことを、誰にでも平等に親切だから彼女は好き。

いい人だと言っていた。

なるほど。

だから私にも超絶親切でお金も請求しないのか。

そして、2件も占いの先生のお宅を回って下さった。

内心、どこもやってくれない開いてないって言ったのはどいつだ!やる気がないだけじゃないか!と思った。

占い料金も格安。

1件目の先生はなにやらろうそくの灯を見て占って500ルピー(約460円)

2件目の先生は生年月日生まれた時間と場所を伝え、併せて手相も見てもらって1000ルピー(約930円)

内容も驚くべきものだった。

↓これでも一応
にほんブログ村 大人の生活ブログ 風俗嬢日記(ノンアダルト)へ
にほんブログ村