これが世界遺産?と一瞬驚いた。

ちょっとふざけたアトラクションみたいな建物だけど、ここは入場チケットを買ったり博物館になっている。

DSC00571

この建物の両サイドが寺院へ上がる道。

上がっていくと、みんな素足!足痛くないのだろか。

ごつごつした道で、痛いから注意されるまでは靴はいていよ。

DSC00573

とても急こう配な上り坂。坂の写真ってどんだけ急かわかりにくい。

でぶのせいか、かなり息が上がってしまうほど。

DSC00575

休みながら登り2、30分で到着。

石窟寺院なので、インドのアジャンター石窟寺院にもどこか似ている。

アジャンターのほうが塗料も剥がれきっていて塗り直しもしていないせいか、古く感じる。

調べてみると開窟時期は紀元前1世紀でどちらも同じころらしいが。

DSC00576

いよいよなかに入ってみる。

ガイドブックによると、両方の足の親指の大きさが違うのが涅槃仏の特徴らしい。

足の裏、強烈な赤。

DSC00579

よーく見ると、石像みんな手のひらが赤かった。

DSC00598

涅槃仏の表情って見ていて落ち着くというか、こころが穏やかになり癒される。

DSC00612

下山して出口のトンネルの上に、人が?と思ったら修行僧?弟子?の石像が連なっていた。

夜来たら怖いだろな。

DSC00628

遺跡も仏像も大好き。

↓これでも一応
にほんブログ村 大人の生活ブログ 風俗嬢日記(ノンアダルト)へ
にほんブログ村