取り立て事務職を辞め、次に就職したのが百貨店。

元々料理と同じくらいコスメが好きだったので、外資系化粧品の美容部員になった。

販売未経験だし、美容の学校も出ていなかったのに受かって運が良かった。

給料は手取りで約15万も満たなかった。

その金額では昼夜働いて借金を返済しても返済しても金利ばかりで元金減らず、火の車。

途中もう一つキャバクラのキャッチ兼ウェイトレスのバイトも掛け持ち、3つ仕事をしていたこともあったが、そのお店は1か月後に潰れて結局また給料未払いで逃げられた。

数か月後にもう疲れ果てしまい、とうとう自己破産した。

2年くらい勤務したころ、夜のお店で出会った小さな会社の社長さん。

なぜか気に入ってくださり、昼間の売り場にまで顔をだし、差し入れをしてくださったり猛アピールがすごかった。

全くタイプじゃなかった。

O型の男性が好みなので、唯一O型だというところが良かったくらい。

結局1年の猛アピールに折れて、そんなに言うならきっと大事にしてくれるのかなと思いお付き合いをした。

数か月たったころ、その彼が今昼と夜で稼いでる金額を給与として払うから、うちの会社に来ないかと言ってくれた。

美容部員の先も見えなかったし百貨店は不景気で社員登用される気配もなく、給与が上がる気配もないので両方ともあっさりと辞めてしまった。

↓これでも一応
にほんブログ村 大人の生活ブログ 風俗嬢日記(ノンアダルト)へ
にほんブログ村