突然の契約解除を気の毒に思った派遣の営業マンが、すぐ採用してもらえる仕事を優先的に私に紹介して下さった。

親切にしていただいたものの、家から遠いのと朝のラジオ体操(第一と第二)が嫌で3日で辞めてしまった。

試用期間でも1か月はいないといけないものの、我慢できず3日で断ったら信用がなくなったのかもう仕事を紹介してもらえなくなった。

とにかく定職につかなくては。

ロンドンから戻ったら支払ってもらう予定だったキャバクラの給与5、60万は未払いのまま潰れて逃げられていたり、実家がばれて居たので暴力彼氏から逃げるため部屋を借りたり生活費やらで一気に借金約150万円近くまで膨れていた。

次にせっかく事務職の経験が少しできたのだから、それを活かして転職しようとハローワークへ行った。

料理以外に美容に興味があったので、関連のある事務職を探した。

そして見つけたのがコスメと健康食品の通信販売会社の事務。

夜は以前勤めていた銀座のママが戻ってきてほしいと言われ、Wワークを始めた。

職安で紹介されたからと安心しきっていたが、今思うと変な通販会社だった。

面接では血液型を聞かれ、A型だからと採用。

入社してから知ったのが、以前薬事法に触れて逮捕歴があるらしく会社名を変えて再経営していた。

父が会長、長男が社長、二男が部長のめんどくさい家族経営の会社。

入社して2か月、事務で入ったのに気づけば売掛金の回収係になっていた。

あるキノコの健康食品を1箱6万円くらいで売っていて、末期がんの患者さんやボケたお年寄りなど含む多い人で100万近くのローンを組ませていた。

そして未払いの延滞者がたくさんおり、その取り立て電話に内容証明の郵送、家庭裁判所へ通達など、取り立て屋にでもなったかのような罪悪感とストレスが半端なかった。

時には家族の人が電話に出てきてケンカになることもあった。

事務職で入ったのに、なんで取り立てしてるのか意味が分からなかった。

借金だらけの私が他人の支払督促していることが嫌で、半年で辞めた。

↓これでも一応
にほんブログ村 大人の生活ブログ 風俗嬢日記(ノンアダルト)へ
にほんブログ村