所持金20万しか持たずに海外に渡る。

世間知らずというか、若いからできた無謀。

ロンドンは日本以上に物価の高い国だった。

借りたとこは集合住宅のつくりのアパートで、玄関を入ると中は2階建てになっていた。

母と息子の大家さん親子と日本人もう一人とシェアをして、6畳ほどの広さで家賃10万円。

3か所見て、ここが1番安かった。

部屋を借りてほぼ金欠状態。

ご飯を買うお金すらなく断食3日目、さすがに横になっていても目まいがしてきたが、それでもあの居酒屋には戻りたくなかった。

せっかくロンドンにきたし、部屋も借りた。

いざとなれば帰りの飛行機チケットは持っている。

このまま帰るのはもったいないし、さすがの私でも恥ずかしい。

ビザはあるわけだし何か職を見つけて、ロンドンを満喫しようと気持ちを切り替えた。

日本人向けのフリーペーパー紙でアルバイト探し。

さすがにバックレているので同業他店はマズイと思った。

結局残るは水商売。

時給はたしか6ポンド位?(当時で約1,200円)

週払いで交通費だけは毎日1日3ポンド支払われた。

往復で2ポンドかかったので、残る1ポンドで1日1食スーパーで99ペンス程のインスタントパスタをしばらく食べる生活。

ここでフルタイム働いても家賃10万はきつかったので、当時ちょっとしたブームだったチャットレディのバイトを同時にやった。

↓これでも一応
にほんブログ村 大人の生活ブログ 風俗嬢日記(ノンアダルト)へ
にほんブログ村