何をやってもやり遂げることができない負け犬。

嫌になるとすぐに辞めてしまう根性なし。

高校生時代にやったアルバイトで記憶にあるのは、マクドナルド、餃子の王将、CoCo壱番屋、街の中華屋さん、ティッシュ配り、TVのエキストラ、夏休みにリゾートバイトなどで小遣いを稼いだ。

20歳で調理師専門学校を卒業し、フードコーディネーターのアシスタントとして就職をしてみた。

当時40代で独身女、都内一等地の一軒家に住んでいて、TVのワイドショーでコーナーを持っている気の強いオバサンだった。

撮影の時は始発から、夜は終電というハードできつかった。

15万ほどの給料で、終電後の帰宅でタクシーになったときはさすがに母がキレて代わりに電話してくれた。

「ハタチそこそこ初就職で、まだ社会があまりわからないのに、終電時間も言えずタクシー自腹で帰らさせるなんて配慮が足りなさすぎるのでは?それに始発から終電までこき使いすぎでは?仕事を紹介してくれた学校の方にも連絡させていただきますよ」みたいなことをいったそうな。

母も気が強い、誰にも負けない。

助かったけど、恐るべし。

後にタクシー代(1万弱)は払ってくれて、私は1週間ほどで辞めた。

↓これでも一応
にほんブログ村 大人の生活ブログ 風俗嬢日記(ノンアダルト)へ
にほんブログ村