去年夏、1年勤めていた派遣先からクビになった。

理由は私の自律神経がおかしくなり始めた頃で、3週間も出勤できなくなってしまったから。

普段お目にかかれないような超エリート集団の外資系の会社だったので、人間観察がちょっとおもしろかったんだけど、朝起きてお弁当作って着替えて化粧までしてるのに、身体がいうことをきかなくなっていた。

変わった部署で、社員さんと派遣さんと全員が女性の部署。

嫌われるとかなり浮いている人もいたが、どろどろしていなくていい人もとても多かった。

出勤できなくなって社員さんにとても迷惑をかけたのに、クビ通告されてから荷物を会社に取りに行った際の帰り道バス停まで荷物を持って見送ってくださった方もいた。

謝りながら泣きながらお別れをした。

元気になったら連絡してねなんて言われてもこんな辞め方をしたので自分から連絡なんてできるわけない。

今までも仕事を辞めれば疎遠になるなんてことあたりまえだったし。

ところが先週土曜の夜に突然メールがきた。

約8か月ぶり。

思わず驚いて声が出てしまった。

ずっと気にしてくださっていたみたいで、桜の咲くころにメールしようと思ってくださってたそう。

すぐに返信したら、泣きそうといって喜んでくださった。

お食事会の計画もしてくださるそう。

9割派遣社員で、出入りもわりと多い部署なので、そんなに思ってもらえていたとは意外だった。

部屋の荷物も人間関係も断捨離中だったけど、わざわざ無理して捨てすぎる必要もないんだな。

無視する必要もないし理由もない、白黒はっきりさせようと強引に整理するのは私の悪いクセ。

自然体で生きて行く方法を学ばなくちゃ。

↓これでも一応
にほんブログ村 大人の生活ブログ 風俗嬢日記(ノンアダルト)へ
にほんブログ村