自分の性格に少々のクセが強い程度にしか自覚していなかった。

30歳過ぎて美容業界のお仕事を辞め手に職をつけたいと思い、昼は派遣社員で働きながら夜間の学校に通うことにした。

しかし派遣先のお局派遣女子に空気?雰囲気?何しろ周りに気づかれないような嫌がらせと陰口。

夜間学校では年の近い女性が先生で、専門学校の先生って大学も出ていなければ教員免許持っていなくとも専門知識と技術があれば誰でもなれるから、ただただ傲慢でパワハラ炸裂な最悪な教師だった。

生徒数も年々減る一方なので、外国人の生徒も多い。

日本語検定何級以上が入学条件とかもないので、お金さえ払えばだれでも入学できてしまう。

そのせいで言葉の壁から授業が円滑に進まないし説明に納得がいかなければ反論や議論の嵐。

おとなしく聞いていられない。

結局派遣先の女性のストレスと担任の先生に言われたある言葉の暴力に限界で両方とも1年以内に辞めた。

学生ローン1,400,000円の借金だけが残った。

↓これでも一応
にほんブログ村 大人の生活ブログ 風俗嬢日記(ノンアダルト)へ
にほんブログ村